あと3ヵ月までに太りたい!短期間で太る方法を、薬剤師が解説します。

「3ヵ月以内」に太らないと…

と悩んでいる人は、意外と多いです。
何故かわからないけど、人間はイベント3ヵ月前くらいから、ボディメイクに悩む習性があるようです笑

「海に行く約束をしてしまったから…」
「結婚式があるから…」
「これから夏で薄着になるから…」
「健康診断があるから…」

本人にとっては、結構死活問題!
ガリガリな身体を誰にも見せたくない!
身体を何とかしたい!って思いますよね。

でも、太り方がわからない。
とりあえず普段より多く食べるだけ食べよう!!
太るサプリ?よくわからないけど買ってみようかな…
(↑この世に太るサプリなんて存在しないので買わないでね)

と、ほとんどの人は「願望」に近いやり方で太ろうとします。
でも、願望ってたいてい失敗してしまいます。

受験でも、仕事でも、恋愛でも。

私は、3ヵ月で5キロ太ることに成功したことがあります。
脂肪ではなく「筋肉」をつけることで太ったので、堂々と海に行くことが出来ました。
半年後には、11キロの増量にまで至りました。

この方法は「願望」ではありません。
「確信」を持って太った方法です。だから太れたのです。

今回は、この「確信」をお届けします。

「私がこの3ヵ月間、何をしたのか?」

「太る」とはどういうことなのか?を最初に理解しなければならない

「太る」とは、身体に何を起こせばよいのか?

というところから、まず話さなければなりません。
でなければ、あなたはあらゆる情報に騙されてしまいます。
インターネット上では、「太る方法」と検索すると、数々の情報が手に入ります。その中に…

「楽して太る方法」「○○を飲むだけで太るサプリ」「◯◯制限デブエット」

つい…手を出してしまいそうな甘いワードが、インターネット上であなたを誘惑します。
しかし、「太る」とは何なのか?を根本的に理解しておけば、それらが全て「ウソ」である、と断言できるようになります。

あなたが本気で「太りたい」と願うなら、あのやり方、このやり方、と考え方がブレてはいけません。
なぜなら、あなたには「3ヵ月」しか猶予がないからです。

太ること=「筋肉」あるいは「脂肪」を増やすこと

人間は、内臓、骨、筋肉、脂肪…あらゆる組成をもとに生きています。
この体重あたりの内訳を詳しく見ていきましょう。

全体重の半分以上が、「筋肉」と「脂肪」で占められています。
成人になると、骨や内臓に大きな成長はありません。
そのため、もし増やせるとしたら「筋肉」か「脂肪」しかないのです。

というわけで、成人が「太る」とはどういうことかというと…
「筋肉」あるいは「脂肪」を増やす ということです。

例えば「中年太り」は、「脂肪」が蓄積されて太った、ということになります。

周りに、たくさん食べて太っている人いませんか?
ほとんどの場合、お腹がポッコリ。食事を増やして太ろうとすると、みっともない太り方になります。
そもそも、食べても太らない人は、「脂肪」がつきにくい体質なので太りにくいです。
仮に太れたとしても、糖尿病や脳卒中など関わりたくない病気が忍び寄ってきます。

そんなこともあって、私は「筋肉」を増やして太ることを推奨しています。
見た目のゴールとしては、ライザップの結果ような感じ。
実は「筋肉」は短期間で増やしやすいものなんですよ。

「筋肉」を増やすことで、「最短」で太ることができます。

ライザップ公式ホームページより引用

筋肉は使えば使うほど、勝手に大きくなる。これを利用して太る!

人間の筋肉は、使えば使うほど、大きくなります。
結果、太ります。

これは本当に当たり前のことを言っています。例えば…

「デスクワークの人」より、「工事現場の人」の方が身体が大きい
「ゴルフ選手」よりも、「ラグビー選手」の方が身体が大きい
「文系の部活」をしている人よりも、「運動の部活」の人の方が身体が大きい

筋肉が必要な生活をしている人ほど、身体が大きくなりやすい法則があります。
人間は、その生活に適応するために、筋肉を増やそうとするんです。

逆に、身体が「いらない」と判断したら、容赦なく筋肉は減ります。
宇宙飛行士が、長い間宇宙生活を行うと、筋力が大きく衰えます。
宇宙空間では重力がなくなり、身体を支える必要がなくなるからです。

このまま地球へ帰還すると、全く歩けないほどにまで筋肉は減ってしまいます。
そうならないよう、宇宙飛行士の人は、毎日2時間、「筋トレ」をして汗を流しています。

NASAの技術をもってしても、「筋トレ」で愚直に行うしか無いんです。

いかがでしょうか?
筋肉をふやすためには「筋トレ」をしかないんです。

・筋肉の元になるタンパク質を摂る。
・十分な栄養カロリーを摂る。
・筋トレする。

これだけで、必ずあなたは太ります。なぜなら、人間の身体はそういう遺伝子を持っているからです。

太るために「裏技」を求めてはいけません。
地道に続ける「王道」こそ、最短の近道になります。

太るイメージ、ついてきましたか?
では、私が行った内容を具体的に紹介していきます!

「1日10分」筋トレを続ける!

あなたは、家でスマホをどのくらい見ていますか?
そのうち「10分間」だけ時間を下さい。あなたが太るための時間に変えてみましょう。

2つ動画を上げるので、今すぐやってみてください。器具はいりません。
最も見た目がわかりやすく、太りやすい部位を鍛えます。
内容は「腕立て伏せ」「スクワット」です。
それぞれ動画が3分あるので、休憩合わせて「10分間」行ってみてください。

!!!注意して欲しいこと!!!
フォームが下手クソでも何でもいいです。

途中で休んでもいいので、とにかく動画の最後までやり通してください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?
ちゃんとやっていただけた方は、多分、全員爆死したと思います(笑)

鈴木達也さんという方の動画なのですが、家トレをするなら圧倒的に彼の動画がオススメです。あれこれ説明も入らず、すぐにスタートできるところが良い!

動画自体は、たかが数分。でも、可能性感じませんでしたか?
これだけ筋肉が疲弊するほどの運動。筋肉が大きくなる可能性は100%です。

言い換えます。太れる可能性が「100%」の運動だと言っているんです。
(でも、太るだけの栄養はしっかりとらないとダメですよ)

なんといっても、私が生き証人。
この動画を続けた結果、太ったので紹介しました。

この動画の何が良いのか?というと、

「BGMに合わせて、運動の型が決まっている」ということ。

一人で何となく筋トレをすると、「このくらいでいいや~」って絶対なります。
これでは甘えが生じて、十分なトレーニングになりません。「3ヵ月」ではなかなか太りません。
でも、この動画を最後までやり通すことで、限界まで行う強制力が働きます。

イチロー選手の名言の一つに、こういうものがあります。

イチローの名言

夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで

いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。
筋トレも、まさに同じです。

継続して続けていくと、1週間前に出来なかったところが出来るようになります。
これを3ヵ月間、続けてみてください。身体に変化が起きないはずがありません。

最大限太れるように、用意するもの!

では、ここからは薬剤師の十八番です。
最大限太るためには、どのサプリメントが良いのか?

まずは3つ、用意して欲しいものがあります。
「プロテイン」「HMB」「粉飴」

これ以外は、何もいりません。
間違っても「飲むだけで太るサプリ」みたいなものは絶対に買わないようにしてください。

プロテイン

プロテインは、日本語で「タンパク質」の意味です。
筋肉の源になるのは、糖質でも、脂質でもなく「タンパク質」です。

身体を大きくするためには、結構な量のタンパク質が必要です。
体重「50キロ」の場合、タンパク質が「100グラム」必要です。

これは、どのくらいかというと…

いかがですか?
私の場合、絶対ムリだと思いました(笑)
頑張って1日くらいはいけたとしても、「毎日」となるとなかなか…。
そもそも、金銭面的にも厳しいと思いませんか?

しかし、プロテインを用いると、1回あたり「20グラム」の補給を出来ます。
かなりの量をカバーできるので、私は「プロテイン」が必要だと考えています。
一度に吸収できるたんぱく質は20グラムと言われているので、一度にではなく、こまめに摂るとより効果的です!

HMBサプリメント

HMBとは、3-ヒドロキシイソ吉草酸(3-Hydroxy 3-MethylButyrate)の略名です。
今注目されているサプリメントで、国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められています。
聞きなじみがないかもしれませんが、実はドラッグストアでも売られています。

HMBは、筋肉の「合成促進」、筋肉の「分解を抑制」します。

つまり、筋肉を効率よく増やすための「起爆剤」みたいなもの。
運動初心者、とりわけガリガリの人には特に効果的と言われています。

あと「3ヶ月」しか猶予がありません。
短期で太りたいなら、最大限トレーニングの成果を出したいですよね。
ということで、私は「HMBサプリメント」を選びました。

私が、実際に太ったときのプロテインも併せて紹介しようと思います。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「HMB PROTEIN 18000」という製品になります。
このプロテインの特徴は「HMB」と呼ばれるサプリが含まれているという点です。
他のプロテインでは、HMBが配合されているものは無いと思います。

「HMB」とは、筋肉をつけやすくする効果があるサプリメント。
国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められていて、今注目されています。

HMBはこんな人にオススメ
運動不足の人
・ガリガリの人
・筋肉量が少ない人
・筋肉がつきにくい女性

パッケージがいかにも男性向けなのですが、むしろ女性に強くオススメしたいです!
(先述しましたが、プロテインに男性向けとかはないんですよ)
本気でデブエットをしたい人は是非チャレンジしてみてください。

粉飴

太るためには、食事によるたくさんのカロリーが必要です。
人間の身体は、日々の食事から作られています。当たり前なのですが、ろくに食べない人は、残念ながら太れません。
だから、「飲むだけで太るサプリ」ってどんな錬金術使ってるんだ!?って心の底から思います(笑)

でも、皆さんも忙しい日もあると思います。なかなか十分な食事がとれなかったりするでしょう。
そんな時に、「粉飴」をうまく活用できれば、と思って紹介します。

粉飴とは、マルトデキストリンと呼ばれるもので糖をいっぱいくっつけたものです。
砂糖に比べるとかなり甘味が控えめで、カロリーの補充を目的として用いられることが多い調味料です。

なんと、甘さは砂糖の10分の1!!
粉飴だけで溶かした水を飲んでみて欲しいのですが、ほんのり甘いかな?という感じる程度です。

非常に水に溶けやすく、砂糖特有のザラザラ感もなく扱いやすい食品です。

amazonで注文すると、1kgで800円前後で購入できます。非常にコスパが高いです。
100円あたり、約384kcalのエネルギーが入っています。

アスリート専用粉飴ホームページ 引用

粉飴の使い道は、色々とあります。
私の場合は、プロテインに混ぜたり、自炊のときに砂糖代わりとして使ったり。
粉飴を生活の一部に取り入れると、「無意識」のうちにおにぎり1個、2個分のカロリーを摂ることができます。

無意識だからこそ、長く続けられるということです。
粉飴を使った具体的な方法は別ページを参考にしてください。

なるべく食生活を変えずに太る方法を、薬剤師がお答えします。

 

最も難しいのは「継続すること」

太る方法は、わかりました。
あとは、この方法を繰り返すだけで身体に変化が出てきますよ。

と言うと、ほとんどの人達は最初とても頑張ります。
3日やそこらで諦める人は論外ですが、脱落者が多く出始めるのが「2週間後」です。

私の体重変動を、半年にかけて測った記録になります。
ここから伝えたいことは、最初はなかなか体重が増えないということ。

この間は、慣れない習慣、筋肉痛に耐え忍ばなければなりません。辛抱の時期です。
おまけに、体重は最初の一ヵ月目は1キロしか増えませんでした。方法間違えた?と思うこともありました。
しかし、決して方法は間違っていません。継続で続けて下さい。

体重こそ変わりませんが、身体の中では確実に筋肉質な体型に変化してきています。
最初はあまり変化が無いのだ、と知っておけば、脱落する確率は減りますよね。

途中で挫折してしまう人は、どのようなことをするかというと……
ある人は、「今日は忙しいから出来ない」と言い始めます。
ある人は、「トレーニングの質」を落とし始めます。
ある人は、「食事」を疎かにし始めます。

あなたにはあと「3ヶ月」しか残されていないのにも関わらず――――

残念ながら、そうなると結果は失敗になるのは解りますよね。
太る方法は、1つ1つはあなたにも出来ます内容です。そういう意味で、簡単です。

一番難しいのは、「継続すること」です。

まとめ

いかがでしたか?
私が3ヵ月の間に行ったことをまとめてみます。

・10分間、筋トレを行う
・プロテイン、HMBサプリを上手に使う
・身体の源になる食事を十分にとること

「飲むだけで太るサプリ」に比べると魅力は薄いですし、当たり前のことすぎてつまらないかもしれません。
でも、薬剤師の私が調べうる限りでは、短期間で太る方法はこれしかありません。

「当たり前のこと」を続けること―――――
これが太るための最大の秘訣です。

しかし、「継続」することが最も難しい。
でもそれは、スタートした後に、悩めば良いことです。
今あなたが決めなければならないことは一つ。

今日から「太る生活」始めてみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。