ガリガリに痩せてしまった!バセドウ病の太る方法!薬剤師がお答えします!

こんにちはKeitaです。
今回は、バセドウ病をテーマにしてお話していきます。

バセドウ病になってから、みなさんの体重はどのような変動か?
薬局で患者さんに聞いてみると、全員似たようなことを言います。

「病気になって恐ろしいほど一気に痩せた」

バセドウ病は、新陳代謝が異常に高くなっている状態です。
薬で甲状腺ホルモンを減らせたとしても、なかなか太れない人も多くいる現実があります。

さらに、太るための対策も「食事を増やすだけ」という回答が最多。
実は、食べる量を増やすだけではなかなか太ることができません。

今回は、バセドウ病の人向けに正しい太る方法について解説します!

まずは甲状腺ホルモンの数値を安定にさせる!

大前提として、医師の薬はしっかりと服用することです。

バセドウ病は、常に「マラソン全力疾走」しているような状態です。
「息切れ」「動悸」「不眠」「多汗」・・・

このままではあなたの身体が痩せるのは当たり前ですよね。
身体の負荷に、ブレーキをかけてあげるのが「薬の大事な役目」です。

バセドウ病でよく使う薬は決まっています。

メルカゾール
チウラジール
プロパジール

うちの薬局でも2つ在庫持っていました。
ほぼ確実に甲状腺数値を下げてくれるので、どちらも処方がよく出ます。
甲状腺ホルモンが正常後「1〜2ヶ月」ほどで体重が増えることが多いです。

そのため、体重管理は「薬」による治療が最優先になります
「体重」を上手にコントロールするためにも、薬はしっかりと飲むようにしましょう!

太りたいなら「筋肉量を増やすこと」だけ考える

体重を何とかしようとするとき、ほとんどの人は「食事の量」で何とかしようとします。
しかし、食事だけでコントロールしようとすると必ず失敗します。

食べても太れない人は「脂肪」を蓄えるのが苦手です。
そのため、なかなか太れない人は「筋肉量」を増やして太りましょう。
この考え方を実践するだけで、私の場合は簡単に太ることができました。

私は175センチ、54キロの超ガリガリ体質でした。
よく食べる方でしたが、10年間、全く太ることが出来なかったんです。

そんな私でも、たった半年で11キロの増量に成功しました。

短期間で太る秘訣は、「筋肉量」を増やすことです。
この太る方法は、男女関係なくバセドウ病の人でも効きます!

筋肉量を増やすと、体重を自由自在にできる!

私の太る方法は、「筋肉を増やして太る」というやり方です。
人間の筋肉は、使えば大きくなり、使わないと減る、というように出来ています。
この、「当たり前」を利用して体重をコントロールします!

たとえば、「デスクワークの人」と「工事現場の人」とでは体格が全然違います。
これは、日々「筋肉」を使っている時間が全然違うからです。

筋肉は使えば使うほど、大きくなります。

本当に当たり前のことですよね。
そういう「遺伝子」が私達の身体に組み込まれているからです。
この「当たり前の性質」を利用して、誰でも【100%】太れる方法で実践します!

筋トレをして、ムキムキになるのが心配?

筋肉量をつけたら変にムキムキするんじゃないか?

と心配する人がいます。
しかし、100%そんなことにはなりません!!

そもそも、私自身がそこまでムキムキになっていないからです笑
女性は男性よりも筋肉がつきにくい体質なので、まず大丈夫!

あれこれ考えず、素直に筋トレをしてください!

太りたい女性必見!ムキムキにならないように太る方法!薬剤師がお答えします。

【実践】スマホの時間を「太る時間」に変えよう!

私がいつも行なっている方法は、家で行うトレーニングです。
突然ですが、家でスマホを見ている時間はどのくらいありますか?

そのうち「10分間」だけで構いません。
その時間を「太るための時間」に変えます!

2つ動画を上げるので、今すぐやってみてください。器具はいりません。
最も見た目がわかりやすく、太りやすい部位を鍛えます。

内容は「腕立て伏せ」「スクワット」
それぞれ動画が3分あるので、休憩合わせて「10分間」行ってみてください。

!!!注意して欲しいこと!!!
フォームが下手クソでも何でもいいです。

途中で休んでもいいので、とにかく動画の最後までやり通してください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?
最初の1分くらいでもしかしたら倒れたかもしれません(笑)

もう動けないほどの状態になったら、それはトレーニング成功です!

紹介した動画は鈴木達也さんという方の動画なのですが、とにかくわかりやすい。
無駄な説明なく、いきなり始まる感じが、本物のジムみたいなので気にいっています。

明日はきっと筋肉痛になると思いますが、それはしっかりと効いている証拠。
あとは、「継続」するだけで、必ず身体に変化が出てきます。

どのくらいの期間筋トレを行えばよいのか?

どのくらいの期間続ければ良いのかを知らないと、途中で挫折してしまいます。

答えとしては,最低でも「3ヶ月」は続けてください。

朝目覚めたら、いきなり身体が大きく変化していることはありません。
本当に少しずつ、昔の写真と比べたら、あれ?変化してきたかな?
というレベルで進行していきます。

実際、私の場合は「3ヶ月目」で急激に体重が伸びたという経験があります。

最初の時期は、慣れない体操や筋肉痛に耐えなければなりません。
しかも私の場合、最初の1ヶ月目は「1キロ」しか太ることができていません。

しかし、これは身体の中で確実に変化が起きています。

1ヶ月目の段階で、少し胸筋がついているのがわかるでしょうか?
体重の変化が全てではなく、着実に筋トレを行うことで「筋肉量」は増えています。

イチロー選手の名言の一つに、こういうものがあります。

イチローの名言
夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。

「試験」もそうだし「筋トレ」も同じ。

「継続」した先に、大きな結果が待っているのです。

さらに、薬によるリバウンドも、防げる!

そしてバセドウ病で、忘れてはならない相談事の一つ!

薬を飲み始めたら反対に、ブクブク太り始めてきた!

という人もいます。
こんな患者さんに対しても、「筋肉量を増やしましょう」と伝えています。

なぜ太るかというと、薬によって新陳代謝が落ちたから。
「脂肪」がどんどん蓄積しているんです。

リバウンドがなぜ起きるのか?
その理由として、

・筋肉量が少なすぎる
・脂肪量が多すぎる

・・・・となると、やはり筋肉量を増やす他ないということになります。

バセドウ病での体重は・・・
筋肉量が多ければ、ガリガリにならない!
筋肉量が多ければ、リバウンドもしない!

私は、筋肉量を増やしたいならプロテインを使うように指導しています。

効率よく筋肉量を増やすならプロテイン!

筋肉を効率よく大きくするなら、プロテインが必須!
プロテインとは日本語で「タンパク質」のこと。

筋肉は主にタンパク質から作られています。
筋肉をつけるためには、どのくらいのタンパク質が必要か知っていますか?

たとえば、体重50キロの人だったら「100グラム」必要です。
これは、食事でとるならどのくらいかというと……

いかがでしょうか?
1日とかなら何とかなるかもしれませんが、毎日続けるとなるとなかなか難しい。

だからこそ、プロテインを使ってタンパク質を補う必要があります。
プロテインは、1回度に吸収できる量は「約20グラム」と言われています。

何度かに分ければ、かなりの量を補給することが可能です。

インスタグラム pastanojououさん

今は、インスタグラマーの方や、女性芸能人もプロテインを飲んでいる人が多いですよね。
なぜなら「筋トレ」「プロテイン」は、美体を作るためには必須だと知っているから。
彼女らは、「楽して体型を維持しよう」とは決して考えません。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

バセドウ病は、今では薬で十分にコントロールできる病気です。
薬さえ飲めば健常者と全く同じ。

あとは「太る方法」さえ誤らなければ、必ず太ることができます。

病院や薬局では、なかなかこういった相談をしても適切なアドバイスができる人が少ないです。

当サイトでは、私の実体験を踏まえた上で、適切に太る方法を紹介しています。
決して、「太るサプリ」には手を出さないようにしてください。(全て詐欺商品です)

薬との飲み合わせについての相談も、問い合わせなどから受付しているのでご気軽にどうぞ!

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。