太れない… うつ病の人でも太れる方法!太りやすい抗うつ薬!薬剤師が解説します!

うつ病になると、何事もやる気力が落ちてしまいます。
「食欲」も落ちてしまい、ガリガリにやせ細ってしまう人も中にはいます。

私の受け持っている患者さんもうつから「拒食症」になってしまい、1ヶ月で5キロくらい痩せてしまいました。
それでも、この患者さんは少しずつ太ることに成功し、無事標準体重まで戻りました。

これは、「抗うつ剤」のおかげだったと思います。
薬によって食欲が上がるので、それうまく使うことで体重をコントロールできた、良い例でした。

今回は「うつ病」と「太ること」の関係について解説していきたいと思います!

ストレスで痩せてきたら、メンタルクリニックへ行きましょう。

明らかにストレスで体重が落ちた場合は、すぐに心療内科へ行きましょう。

これまた、私の知人の話になりますが、薬剤師の国家試験の受験勉強が辛すぎて体重が一気に落ちている人がいました。
受験の当日は緊張が強すぎて、結局不合格になってしまいました。

当時、なんと10キロも痩せてしまったそうです。

その後、彼は抗うつ薬を使い再受験することに。
その時、「レクサプロ」って薬を飲んでいました。


(↑今私がいる薬局でもよく出ている薬です)

薬の効果もあり、来年の無事合格し、体重も元どおりになっていました。
そういう話を聞くと、今の抗うつ薬は、副作用も少なく良い薬が増えたなあ、と感じます。

このページを見ている人の中で、もしかしたら心療内科へ行くことに抵抗があるかもしれません。
しかし実際では、心療内科へ行くことは、風邪で内科へ行くのと全く同じです。

普通に保険証を出して、問診票を書いて、あとは待つだけ。
もしも、ストレスを強く抱えているなら、恥ずかしがらずに行ってみることをオススメします。

ちなみに、心療内科は完全予約制のところも多いので、最初に電話で確認した方が良いです!
(予約しないとめちゃくちゃ待たされる可能性もあります)

抗うつ薬には、太りやすい薬がある!

抗うつ薬の目的はもちろん、「うつ病」を改善させることです。
副作用も色々とあるのですが、「体重増加」という副作用をもった薬も存在します。

これは薬自体が太る効果があるわけではありません。
”食欲があがるから”食べる量が増えて太るのです。

それらをうまく利用することで、太ることに成功している人もいます!

太りやすい抗うつ剤一覧!

引用:元住吉こころみクリニック 太りやすい抗うつ薬は?
https://cocoromi-cl.jp/knowledge/psychiatry-medicine/antidepressant/comparison-fat/

これらは、食欲をあがるために体重が増えると言われています。

三環系、四環系と呼ばれるタイプは昔からある薬で、効果は高い反面、口が渇いたり、眠気が出やすかったりと、副作用も比較的出やすい薬です。
太りやすい薬の代表格、「トリプタノール」は、かなり昔から販売されている薬です。
効果もあるため、今でも使っている人は多いです。

一方で、SSRI、SNRI、NaSSAと呼ばれるタイプは、比較的新しい薬で、副作用も少なく使いやすいと言われています。
私は患者さんからのヒアリングで、NaSSAに分類される「ミルタザピン」(商品名:レメロン、リフレックス)はたしかに「太る」ってイメージはあります。
ミルタザピンの添付文書(説明書みたいなもの)を見ると、約15%の人には体重の増加が認められています。

比較的高めの薬でしたが、最近薬の特許も切れてジェネリック医薬品も販売されています。
長時間効果が続くのですが、副作用として出やすい「眠気」にも注意しておきたいところです。

【太りたい!】医師へどんなことを相談すれば?

しかし、結局のところ薬を出せるのは医師です。
経緯を話して、「太るための相談」をする必要があります。

しかし、いざ診察が始まったとなると、なかなか伝えられないことも多いと思います。
頭の中がゴチャゴチャしてしまうと、うまく伝わらなかったり、言い忘れたりしてしまうんですよね。

そうならないように、伝えたい順にリストを作っておくと良いです。

こんな感じで全然OKです。

箇条書きにして、一番伝えたいことを順番に並び替えておきましょう。
簡単だし、誤解せずに医師へ伝わるのでオススメ!

逆に太りすぎることもあるので注意!

抗うつ薬で太る際に、注意して欲しいことがあります。それは・・・・

逆に、太りすぎてしまうことがあります。

中には、10キロ単位で増えてしまう人もいます。

基本的に、食べる量が増えただけで太る場合、「脂肪」を溜め込んだ太り方になります。
脂肪が増えると、基礎代謝が落ちてしまい、いわゆる太りやすい体質に変化していきます。

脂肪が増える(太る)→代謝が落ちる→脂肪が増える(太る)→代謝が落ちる・・・

というエンドレスの悪循環に陥ってしまうのです。
そうならないように、私は患者さんに筋肉量を増やすことをオススメしています。

筋肉量を増やして太る場合、ライザップのビフォアアフターみたいになります。
せっかくデブエットするなら、キレイに太りたくありませんか?

ライザップ公式ホームページより引用

太りたいなら「筋肉」を増やす!

太りたいなら、脂肪ではなく「筋肉」を増やしましょう!
と私は、患者さんに伝えています。

筋肉を増やして太るために必要なことは・・・・・

・タンパク質をなるべく多めに食べる
・筋トレを行う

たったこれだけです。(もちろん、ご飯はしっかり食べる必要はありますよ)

かくいう私も、筋肉を増やして健康的に太ったその一人。
174センチ54キロのガリガリでしたが、たった半年で11キロの増量に成功!

見た目の変化で、私の人生にどのくらいの変化があったかというと・・・・

太ったら、彼女はすぐに出来ました。
旅行へ行ったり、スキューバダイビングしたり、全国で仕事をしたり…



見た目が変わること。自信がつくことって、本当に人生大きく変えるんだなあと身を持って感じました。
是非、こんな体験を皆さんにも体験して欲しい!

太るための筋トレは、たった「10分」、週3回あればOK!

「筋トレ」と聞くと、時間がかかるとか、キツいとか、ネガティブなことが言われたりしますよね。

でも、安心してください。
私も相当の面倒くさがりですが、それでも続けられるレベルの内容です。

たった「10分」の筋トレです。

さらに、毎日行う必要はなく、週3回程度で大丈夫なんです。
せっかくデブエットするなら、効率よく最短で太りましょう!

優先して行う筋トレがある!

「太ること」を目的にした場合、優先して鍛えて欲しい部位があります。

筋肉

その部位は、僧帽筋、大胸筋、三角筋、上腕二頭筋になります。
図でいくと、赤く示した部分になります。
上下バランスを考えるならば、黄色の大腿四頭筋も鍛えると良いでしょう。
どの部位も、「大きい筋肉」と言われているところになります。

大きい筋肉は、他に比べて見た目に変化が出やすく、体重も増えやすい部位になります。

この部位を効率よく鍛える方法は2つ!

「腕立て伏せ」「スクワット」です。

お腹が悪いなら、腹筋では?
と思うかもしれませんが、腹筋はあまり筋肉が大きくないので、実は非効率的。
なるべく効率的なところを責めます!

Youtubeを活用して楽しくデブエット!

トレーニング方法として、「YouTube」を活用します!
実際のジムでは、インストラクターの動きに合わせてトレーニングを行うものがあります。
そのYouTubeバージョンと思ってください。

動画は、「腕立て伏せ」「スクワット」それぞれ3分。
間に休憩も挟んで、合計「10分間」です。

暇つぶしでスマホをいじっている「10分間」を、価値ある時間に変えてしまいましょう!

とりあえずは百聞は一見に如かず。今すぐ行ってみてください。

!!!注意して欲しいこと!!!
フォームが下手クソでも何でもいいです。

途中で休んでもいいので、とにかく動画の最後までやり通してください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?

腕立て伏せは最初の1分もできなかったかもしれません(笑)
スクワットも、最後のあたりは相当キツかったはず。
たった「10分」で、これだけの負荷をかけることが出来るんです。

筋トレ動画は星の数ほどありますが、鈴木達也さんというインストラクターの方の動画は短時間で負荷がムラなくかかるので私が最も使っている動画です!

トレーニングは最低でも3ヵ月続けてください!

実際に私が太るまでの体重をグラフにしたものです。
最も体重が大きく動いたのが「3ヶ月目」です。

最初の頃は筋肉痛などもあって、なかなか伸びない我慢の時期になります。
しかし、見た目では着実に変化は出ていました。

最初の1ヶ月目でも、胸筋が確実についているのが目に見えてわかりました。
実際、周りの人にも気づかれるほど。

今では余裕で一通り行うこともできるようになりました。
かなり筋肉がついてきたと、身をもって実感しています。

イチローの名言で、こういうものがあります。

イチローの名言
夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。
筋トレも、まさに同じです。

継続して続けていくと、1週間前に出来なかったところが出来るようになります。
「3ヵ月間」続けてみてください。
身体に変化が起きないはずがありません。

効率よく太るためのサプリメントを紹介!

筋肉を効率よく太らせるためには、「プロテイン」が必要です。

なぜなら、筋肉を作り出す栄養素は「タンパク質」だから。
(プロテインは日本語でタンパク質という意味です)

ボディメイクで必要なタンパク質の量をご存知ですか?

体重50キロの場合、1日に「100グラム」のタンパク質が必要です。
これは、食品で例えると・・・・

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

実は、太ることは意外と簡単です。
正直、やる気次第みたいなところが大きいです。

そのために薬に頼る方法は、全くもって正しい方法なんじゃないかと思います。
今や、心療内科に通うことなんて、本当に普通のことですからね。
(心療内科クリニックに、1日100人とかザラです)

今は副作用も本当に少なくなっていますし、「デブエット」してみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。