ガリガリで太れない人必見!「太る」とはどういうことなのか?薬剤師がお答えします。

ガリガリで太りたいけど、どれだけ食べても太らない!
他の人よりも食べているのに何故…

私が過去ガリガリに痩せていた頃、いつも思っていることでした。
しかし、しっかりと調べてみると「太る」ということは非常にシンプルだったんです。

太る=筋肉量を増やすこと

この気付きによって、私は最速で太ることに成功します!

もともと私は、「10年間」全く太れないガリガリ人間。
鳩胸でもあったので、正直誰にも見られたくないほどの体型でした。

そんな私ですが、「筋肉量」を増やすことを意識した結果・・・・・・

たったで11キロの増量に成功しました!

「太る」とはどういうことなのか?
というところを理解していれば、必ず太ることができます。
今回は、「太ること」についての解説をしていきます!

「太る」=〇〇を身につける

「太る」とはどういうことなのでしょうか?
それを知るために、まず人間って何で出来てるんだろ?

というところから考えてみました。

人間の身体をざっくり分類してみました。

「筋肉」=35%
「脂肪」=20%
「骨」=10%
「内臓」=10%
「血液」=8%
「その他」=17%

誤差はありますが、平均すると割合は、こんな感じです。

子供の頃は、これらの重さが全て増えます。
骨が伸びて身長が高くなる。
身体が大きくなると、内臓も、血液量も、増える。
筋肉量も増えて、脂肪もふえて…
子供は全てが増えるから、体重もぐんぐん伸びるんですね。

成長期が終わると、身体は完成します。
大人になると「骨」「内臓」「血液」
これらは、もう増えることはありません。

となると、大人になって変えられるものは、「筋肉」と「脂肪」のみ。
例えば、「中年太り」は「脂肪」が増えることで太ります。
相撲取りが太るのは、「筋肉」を増やして太っているのです。

ガリガリのあなたは、「筋肉」「脂肪」がスカスカ状態だから軽いんです。

太る=「筋肉」か「脂肪」を身につけることなのです。

「筋肉」と「脂肪」どちらを増やしたいですか?

太るためには「筋肉」か「脂肪」が必要です。

「脂肪」を増やすと、ただのデブになる。

「脂肪」を増やして太る場合は、体脂肪率をどんどん増やして太る、ということになります。
終着地点は、メタボタイプの太り方。

こんなお腹を目指して太るのはちょっと…って感じですよね。

「筋肉」を増やすと、理想的な身体になる!

一方、「筋肉」を増やして太る場合は、ボディラインがくっきりした太り方になります。
ガリガリの人が行うと、最初にモデル体型になり、さらにストイックに鍛えればアスリート体型になります。

例で例えるなら、ライザップのAfterの写真です。
「筋肉」を増やして太った方が良いことは一目瞭然ですよね。

RIZAP公式ホームページより引用

太りたいなら、「筋肉量」を増やすことを考えよう!

太りたいなら、「筋肉量を増やすこと」だけを考えて行動しましょう。

この方法は、食べても太れないタイプの人にも効果があります。
私自身、10年間全く太らなかった体質でしたが、たった半年で11キロ増量できているので間違いありません。

筋肉量を増やすためには、愚直な努力が必要です。
例えば・・・・・

・一定の食事量は維持する
・タンパク質はしっかり摂るようにする
・睡眠はなるべく8時間

といったことです。
「飲むだけで太るサプリ」なんて存在しません。
飲むだけで「脂肪」や「筋肉」が増えるなんて、逆に恐ろしい話だと思います。

「愚直な努力」を例えるなら、ボディメイクで有名なライザップ。
ライザップは、「裏技」を使って肉体改造しているわけではないですよね。
愚直なまで徹底された「食事制限」「筋トレ」を行うことで、短期間の成功を作り出しているんです。

RIZAP公式ホームページより引用

この方法なら、誰でも太れるのか?

結論からいうと、老若男女、誰でも絶対に太れます。
なぜなら、筋トレをすると、「100%」筋肉が身体につくからです。
人間の遺伝子は、そうやって出来ているんです。

例えば、デスクワークの人と、工事現場の人では、体格差がありますよね?
これは、筋肉を使っている時間が違うからです。
文化部よりも、運動部の人が体格が良いのと同じです。

「努力次第」でいくらでも筋肉を増やして太ることが出来ます。

一般的に、筋トレをはじめて見た目がかわってくる期間が「約3ヵ月」必要といわれています。
しかし、その点で
ガリガリの人は有利。
なぜなら、痩せている分筋肉が目立ちやすいので、早ければ「1カ月」で成果が出るからです。

私の場合、1ヵ月後で体重が1キロ増え、三か月目には一気に「4キロ」の増量に成功しています。
最初の頃は、体重にあまり変化が出ないのですが、見た目は露骨に変化します。

これが、私の実際の体重の推移になります。
スタートダッシュは遅れましたが、「継続」が成功のカギになることは間違いありません。

筋肉量を効率よく増やすためにはプロテインが必要

筋肉量を効率よく増やすためには、プロテインが必要です。
プロテインとは、日本語でタンパク質のことで、筋肉は主にタンパク質から成り立っています。

身体を大きくしたい人が、どのくらいのタンパク質が必要かというと・・・・

体重50キロの人の場合、タンパク質は「100グラム」必要です。
これは、食品で例えると・・・・

  

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

プロテインはドラッグストアやスポーツショップで売っています。
売り場へ行ってみるとわかりますが、プロテインは種類が非常に多いのです。
正直、何を買ってよいのか全く判断がつかない方も多いと思います。

そんな方向けに、私が実際に使用したプロテインを紹介するので参考にしてみてください。

私が太る時に実際に使っていたプロテイン

私が実際に使っていたプロテインは「ビルドメイク24」という製品になります。
このプロテインの特徴は「HMB」と呼ばれるサプリが含まれているという点です。
他のプロテインでは、HMBが配合されているものは無いと思います。

「HMB」とは、筋肉をつけやすくする効果があるサプリメント。
国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められていて、今注目されています。

HMBはこんな人にオススメ
運動不足の人
・ガリガリの人
・筋肉量が少ない人
・筋肉がつきにくい女性

パッケージがいかにも男性向けなのですが、むしろ女性に強くオススメしたいです!
(先述しましたが、プロテインに男性向けとかはないんですよ)
是非参考にしてみてください。

まとめ


いかがだったでしょうか?

「太る」とは、「筋肉量」増やすこと

筋肉量は、努力次第でいくらでもコントロールが可能です。
さらに「最速」で太るノウハウもあります。

筋トレ+プロテインを組み合わせること。

痩せている人は、トレーニングを行うと筋肉が目立ちやすいので、これを逆にチャンスと考えるべきです。
男性の場合は、すぐに細マッチョを目指しやすい立ち位置にいるということ。
女性の場合は、筋肉質のスレンダーなモデル体型を得られる立ち位置にいるということ。

体型が変わると、大げさではなく本当に人生が変わります。
これは口ではなかなか伝えることが出来ないので、是非実感をして欲しいと思っています。

まずは三ヵ月、人生を変えるためのトレーニングをしてみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。