【太りたい】不妊なのはガリガリだから?太れない妊活中の女性が太る方法!薬剤師が解説します!

日本は「不妊大国」になっていることをご存知ですか?
6人に1人は不妊に悩まされているというのが現状だとか。

実際、薬局で仕事をしていると、不妊治療で薬局に来る人が結構います。
話を聞いてみると、色んな理由があります。

・仕事によるストレス
・睡眠不足
・加齢

そして、不妊治療として薬を処方してもらうことも多々あります。
例えば、「経口女性ホルモン製剤」です。

不妊の原因は、主に女性ホルモンの分泌不全であることがほとんどです。
そのため、ほとんどの人は薬によって強制的にリズムを戻して治療を行います。

こういった単純な生理不順ならまだマシな方で、病気による不妊の場合もあります。

・卵巣機能不全
・子宮内膜症
・性病(クラミジア等)

これらは検査しないと原因がわからないため、基本的に不妊の場合は通院が原則になります。
治療も基本的に薬などを用いるので、自分でどうこう、というよりも医師の指示に従うだけです。

しかし、薬ではどうにもならない不妊タイプの方もいます。
それは「痩せすぎによる不妊」です。
20代女性の「約20%」が痩せすぎというデータも出ており、こういった状況も不妊の助長させていると思われます。

「痩せすぎ」というのはBMIと呼ばれるものが18.5以下を下回る状態を指します。
簡易表を作りましたので確認してみてください。
例えば、160センチの方であれば47.4キロを下回った場合は「痩せすぎ」に該当します。

今回は「全然太れない、妊娠希望の方」に向けて、「正しい太る方法」を薬剤師が解説します。

「痩せすぎ」は薬では治せない

妊娠するためには「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」の2つのバランスが重要です。
痩せすぎていると、これらの女性ホルモンが正常に出なくなってしまいます。

痩せることによるホルモン異常のメカニズムは、完全に解明されているわけではありません。
しかし、痩せすぎは「更年期障害」「不妊」を増やすという統計は出ているので、無視できない存在です。
過度なダイエットをすると生理が止まる、というのも、女性ホルモンが乱れた証拠です。

痩せすぎは、女性にとって明らかに「害」になります。

・「不妊確率が下がる」
・「安産確率が下がる」
・「流産確率が高まる」

そして最もやっかいなのが、「痩せすぎ」に対する治療が無いこと。
医師からは「食事をもっと多く食べるように心がけてください」としかアドバイスされません。
「痩せすぎ不妊」は、現代の薬では治せないのです。

痩せすぎの人は「筋肉量」を増やすことで、必ず太れる

正直、太れない人は「たくさん食べて太れるなら、苦労しない」と思っているはず。
そんな人が確実に太る方法があります。
それは「筋肉量を増やして太る」という方法です。

食べても太れない体質の人は、脂肪を増やすのが苦手。
それに対し、「筋肉」は努力次第で増やすことが可能です。

実際に私はこの方法で、半年で11キロの増量に成功しました。

10年間、全く太らない頑固な体質でさえ、太ることに成功したんです。
私は男性ですが、太る方法は男女関係なく全く同じ。

見た目の完成形は、見た目はライザップのアフターのような感じになります。

ライザップ公式ホームページより引用

筋肉量が増えると代謝がよくなるため、ホルモンバランスなども改善されます。
筋肉量を増やす、手っ取り早い方法は「筋トレ」を行うことです。

この方法を行うことで不妊が解消する可能性は大いにあります。

ムキムキになったりしないの?

筋肉ばかり増やしたら、ムキムキみたいになってしまうんじゃないか?
と思うかもしれません。

結論から言うと、そんなことには絶対なりません。
ムキムキ目指す人達のトレーニング内容は「質が桁外れ」です。

私の推奨太る方法では、もちろんムキムキはなりません。
男性の私ですらムキムキに至っていないので、筋肉がつきにくい女性はまず心配しなくて大丈夫です。

太りたい女性必見!ムキムキにならないように太る方法!薬剤師がお答えします。

太るための筋トレ内容!

筋肉

では、トレー二ング内容はどのように設計すればよいのでしょうか?
これも、男女共通で、鍛える筋肉は同じです。

最も重要している部位は、僧帽筋、大胸筋、三角筋、上腕二頭筋です。
バランスを考えて、足の大腿四頭筋も鍛えると良いでしょう。

ポイントは「筋肉が大きいところ」から鍛えていくということです。

これらを全て鍛えられる方法が「腕立て伏せ」「スクワット」です。
この2つに絞ってトレーニングを行います!

「腹筋」は後回しで大丈夫です。
腹筋は比較的小さい筋肉で、努力の割に太ることはできません。
そのため腹筋は、優先順位を低く設定しました。

「10分間」を、太るための時間に変える!

私が実践している方法は家での自重トレーニングになります。
動画を用いた10分トレーニングです。
インストラクターに合わせて動いていくだけの簡単トレーニングです。
「腕立て」「スクワット」をそれぞれ3分。間に休憩をはさんで、約10分です。

まずは行ってみましょう!

まずは、行ってみましょう!
フォームは足をついて行っても構いません。
とにかく動画の最後まで通して行って下さい!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これでだいたい10分間のトレーニングは終わりです。

いかがでしたか?
最初はかなりキツいので、激しい筋肉痛が起きるはずです。
しかし、それはしっかりと筋肉に効いた証拠!

私はYouTubeを使った方法だけの筋トレで、体重を増やすことに成功しています。

実際に私の体重の推移です。
3ヶ月目以降で、一気に体重が増えていることがわかります。
最初の1ヶ月目は、筋肉痛がつらかったり、習慣を変えるだけで精一杯。
その割に、体重に大して変化が出ない。この時期は、我慢の時期です。

しかし、体重の変化が少なくとも、見た目は大きく変化してきます。
なぜなら、筋肉量は確実に増え続けているからです。

ダラダラ筋トレを続けても意味がありません。
短期集中で筋トレを行うのが、薬剤師流の私の太る方法です。

太るために使うサプリメント!

今回は、効率よく筋肉量を増やすためのサプリメントを紹介します!

「飲むだけで太るサプリメント」は絶対にありません。
雑誌などで紹介されていたりするようですが、絶対に購入しないようにしましょう。

もちろん、食事はしっかりとらなければ太りません。
あくまで、筋肉をつけやすくするための補助として使うものになります。

プロテイン

プロテインとは日本語で「タンパク質」という意味です。
筋肉は、基本的にタンパク質から作られるので、その補給でプロテインを用います。

もちろん食事から十分なタンパク質が摂れれば良いのですが、結構必要量が多いです。
身体を太らせるために必要なタンパク質の量はどのくらいかご存知ですか?

もしも、あなたが体重50キロだったとしましょう。
その時に必要なタンパク質は、「100グラム」になります。
これは、食事に換算するとどのくらいかというと……

いかがでしょうか?
1日とかなら何とかなるかもしれませんが、毎日続けるとなるとなかなか難しい。

だからこそ、プロテインを使ってタンパク質を補う必要があります。
プロテインは、1回度に吸収できる量は「約20グラム」と言われています。

何度かに分ければ、かなりの量を補給することが可能です。

インスタグラム pastanojououさん

今は、インスタグラマーの方や、女性芸能人もプロテインを飲んでいる人が多いですよね。
なぜなら「筋トレ」「プロテイン」は、美体を作るためには必須だと知っているから。
彼女らは、「楽して体型を維持しよう」とは決して考えません。

プロテインにもたくさん種類があってよくわからない…。
そんな方のために、私が実際につかったプロテインについて紹介しています。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

まとめ

いかがでしたか?

不妊治療は様々ありますが、結局母体が健康になれば妊娠できる身体になるんです。

「痩せすぎ」は紛れも無い不妊の原因になりますし、出産に備えて太るべきです。

しかも、太ることで日常生活でたくさんのメリットがあります。
例えば、太れば見た目に自信がつくし、似合う服も増えるはず。

実体験として、体格が整ってくるとすっごい生活が楽になります。
いちいちガリガリなんて言われることもなくなるし、むしろモテるようになったり。

実際、「太る方法」さえ理解してしまえば、簡単かつ健康的に太ることができます!
是非、今日からデブエットをしてみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。