ガリガリだから太りたい!高校生が太る方法!薬剤師が解説します!

人生でたった3年しかない高校生活。
アルバイトをしてみたり、友達とカフェへ行ってみたり・・・・
中学生の頃に比べて自由度があがり、充実度の差が周りと大きく開いてくる時期です。

しかし、「ガリガリ」の場合、高校生活で多くのデメリットがあります。

・水泳の授業
・身体測定
・合宿
・全くモテない

高校生からすると、超~~死活問題です・・・・。
「もっと太れば?」なんて言われた時には、自分が一番思ってるよ!って感じですよね。

そんなあなたにも理想の体型があるはず。

男性なら、シンプルに細マッチョ体型
女性なら、メリハリあるスレンダー体型

「見た目」だけで、高校生活が大きく変化するのは紛れも無い事実!

イケメンや美人だったら、もうそれだけで青春高校生活は保障されます。
外見コンプレックスがあると、高校生活はかなり残念な結果になりやすいと思います。

かくいう私の場合どんな感じだったかというと・・・・・・

ガリガリすぎて気持ち悪い。太りたい…

という見た目で、高校生活はめちゃくちゃ悩みました。
周りと比べて食べる量は同じくらいなのに、どうして自分だけ太れないのか?っていつも思っていました。

しかし、私は正しい太る方法を行ったことで、たった半年で11キロの増量に成功!

私は、この知識を得たのは高校を卒業してからなので、本当にもったいないことをしました。
しかし、もしあなたがまだ高校生なら、貴重なこの時間を無駄にしないために最速で太るための努力をしませんか?

今回は高校生のための「太る方法」について薬剤師が解説します!

そもそも「太る」ってどういうこと?

あなたがガリガリな理由はハッキリしています。
「筋肉」「脂肪」が少なすぎることが原因です。

でも、お腹が出るような太り方は絶対にイヤだと思います。
そうならないための、正しい太り方は「筋肉量」を増やすことです!

太るなら「筋トレ」をする!

「筋肉」を増やして太るには、必ず行わなければならないことがあります。
それはズバリ「筋トレ」です。

「筋肉」は、使えば使うほど増える特徴があります。
見た目も、いわゆる理想形の身体になれます。
イメージでいくと、ライザップのアフターのような感じ。

ライザップ公式ホームページより引用

逆に、誤った太り方は、「とにかくたくさん食べるだけ」という太り方。
この方法では、そもそも太れない可能性が高いです。
仮に太れたとしても、脂肪がくっついただけのみっともない見た目になってしまいます。

みっともない身体にならないためにも、筋トレは必ず行うようにします!

太りたいなら「筋肉」を増やすことだけ考えろ!

「筋トレ」を行う太り方は、最速で筋肉量は増えます。
なぜなら、私が生き証人。
半年で11キロの増量に成功しているからです。

これは「細マッチョ」や、「モデル体型」を作り出す太り方になります!

高校生から10年間、全く太らない体質でさえ「筋トレ」で変化が出ます。

あなたの高校生活は、たった3年しかありません。

もしも高校の時に、この知識があったなら、きっと私の青春も変わっていたに違いない…(泣)
私のように高校生活後悔しないためにも、絶対にガリガリは脱却してほしい!

【実践】スマホの時間を「太る時間」に変えよう!

私がいつも行なっている方法は、家で行うトレーニングです。
突然ですが、家でスマホを見ている時間はどのくらいありますか?

そのうち「10分間」だけで構いません。
その時間を「太るための時間」に変えます!

2つ動画を上げるので、今すぐやってみてください。器具はいりません。
最も見た目がわかりやすく、太りやすい部位を鍛えます。
内容は「腕立て伏せ」「スクワット」です。
それぞれ動画が3分あるので、休憩合わせて「10分間」行ってみてください。

!!!注意して欲しいこと!!!
フォームが下手クソでも何でもいいです。

途中で休んでもいいので、とにかく動画の最後までやり通してください!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?
最初の1分くらいでもしかしたら倒れたかもしれません(笑)

もう動けないほどの状態になったら、それはトレーニング成功です。

紹介した動画は鈴木達也さんという方の動画なのですが、とにかくわかりやすい。
無駄な説明なく、いきなり始まる感じが、本物のジムみたいなので気にいっています。

明日はきっと筋肉痛になると思いますが、それはしっかりと効いている証拠。
あとは、「継続」するだけで、必ず身体に変化が出てきます。

どのくらいの期間筋トレを行えばよいのか?

どのくらいの期間続ければ良いのかを知らないと、途中で挫折してしまいます。

答えとしては,最低でも「3ヶ月」は続けてください。

朝目覚めたら、いきなり身体が大きく変化していることはありません。
本当に少しずつ、昔の写真と比べたら、あれ?変化してきたかな?
というレベルで進行していきます。

実際、私の場合は「3ヶ月目」で急激に体重が伸びたという経験があります。

最初の時期は、慣れない体操や筋肉痛に耐えなければなりません。
しかも私の場合、最初の1ヶ月目は「1キロ」しか太ることができていません。

しかし、これは身体の中で確実に変化が起きています。

1ヶ月目の段階で、少し胸筋がついているのがわかるでしょうか?
体重の変化が全てではなく、着実に筋トレを行うことで「筋肉量」は増えています。

イチロー選手の名言の一つに、こういうものがあります。

イチローの名言
夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。

「大学受験」もそうだし「筋トレ」も同じ。

「継続」した先に、大きな結果が待っているのです。

「朝食」は絶対にとりなさい!

高校生の朝食抜きの割合はどのくらいかというと、意外と多い。

通学日は約13%
休日は約20%

もし「太りたい」と言っておきながら朝食を抜いているなら、自業自得。

なぜなら、あなたの身体は「食事」をもとに大きくなるから。
食事の機会を、一度失っている段階で、太る確率はガクッと減るでしょう。

ざっくりと高校生の目標カロリーを出します!

男子2500〜3000キロカロリー
女子2000〜2500キロカロリー

引用:フードモデルドットコム 2500kcal バランス献立例
http://www.foodmodel.com/category03/m_16_a.html

上の図はだいたい2500キロカロリーです。
結構多いと思いませんか?
太るためには、それなりの食事を摂る必要があります!

まずは、当たり前の食事習慣から改善することを考えましょう!

お金に余裕があるなら「プロテイン」を使う!

筋肉を効率よく大きくするなら、プロテインが必須!
プロテインとは日本語で「タンパク質」のこと。

筋肉は主にタンパク質から作られています。
筋肉をつけるためには、どのくらいのタンパク質が必要か知っていますか?

たとえば、体重50キロの人だったら「100グラム」必要です。
これは、食事でとるならどのくらいかというと……

いかがでしょうか?
1日とかなら何とかなるかもしれませんが、毎日続けるとなるとなかなか難しい。

だからこそ、プロテインを使ってタンパク質を補う必要があります。
プロテインは、1回度に吸収できる量は「約20グラム」と言われています。

何度かに分ければ、かなりの量を補給することが可能です。

インスタグラム pastanojououさん

今は、インスタグラマーの方や、女性芸能人もプロテインを飲んでいる人が多いですよね。
なぜなら「筋トレ」「プロテイン」は、美体を作るためには必須だと知っているから。
彼女らは、「楽して体型を維持しよう」とは決して考えないんですね。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

マイプロテインは、通販でしか販売されていません。
そのため、連絡先としてメールアドレスを作る必要があります。
持っていない場合は、無料で作れる「gmail」がオススメ!

親へお願いするというやり方も

身体作りをすることは、決して悪いことではありません。
もしも、アルバイトが出来ないのであれば親へお願いしてもらうことも1つの手です。

親にお願いするとき
・ドラッグストアのプロテインは値段が高い(通販の方が安いです)
・筋トレをはじめたから、プロテインを使いたい
・素直に痩せているコンプレックスを伝える
・周りの人達も飲んでいる(運動部の人達は飲んでいませんか?)

こういった事実を伝えてみたらいかがでしょうか。
少なくとも、正しいお金の使い方であることが伝われば親も納得します。
素直に、「今の悩み」を明かすことが、最も説得力があるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

何度言っても言い足りないくらいですが、高校生活は「3年間」しかありません。
私も、もっと高校生活の間に、色々なことをやってみたかった。

・もっと勉強しておけばよかった
・英語をもっとやっておくべきだった
・もっと恋愛したかった
・筋トレをもっと早く始めれば良かった
・もっと色んなことをチャレンジすれば良かった

本当にあの頃に戻りたいなあ……… orz

でも、やっぱりいつの時代も「見た目」は最強の武器です。
ガリガリであることは、百害あって一利なし!

私は薬剤師です。太るテクニックは当サイトに数多く掲載しています。
是非、一緒に「デブエット」してみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。