一人暮らしの男性が、短期間で確実に太る方法!薬剤師が解説します!

今回は「一人暮らしの男性が太る方法」をテーマに解説します。

一人暮らしになると、とにかく自由!
実家からの束縛は一切なくなるので、とにかく気ままに過ごすことが出来ます。
その反面、食事などが疎かになってしまい、体重が不安定になることも多々あります。

・外食ばっかりで不規則
・朝食を抜くようになる
・洗い物をためこみまくる
・部活をやめたら、劇痩せor劇太り

私の周りはデブになっていく一方でしたが、私の場合は全く太ることなくガリガリをキープし続けていました。
10年以上、175センチ54キロ。

鳩胸だったのであばら骨が浮き出る状態でした。
痩せすぎていて、大丈夫?って何回も言われました。

そんな私でしたが、薬剤師になってから太るための正しい方法について研究。
そして自身で検証した結果・・・・

たった半年で11キロの増量に成功!

正直、太る方法さえ間違えなければ必ず太ることができます。
今回は、一人暮らしの男性が太るためのポイントを薬剤師の私が解説します!

【大前提】毎日2500〜3000キロカロリーは食べる!

まず大前提として、食事はしっかり食べないと絶対に太りません。
具体的にどのくらい食べなければならないのかというと・・・

2500~3000キロカロリー

の量が最低でも必要です。
食事に例えてみると・・・

引用:フードモデルドットコム 2500kcal バランス献立例
http://www.foodmodel.com/category03/m_16_a.html

いかがでしょうか?
結構、多いと感じた人も多いはずです。

では、実際にどのくらい食べているのか調べてみましょう。

実際の私の1日の食事はだいたい2700キロカロリー


朝食=食パン2枚+豆乳+バナナ+ゆで卵
だいたい500キロカロリー


昼食
カップラーメン+パン+サラダ類
だいたい1000キロカロリー


夕食
ご飯1合+インスタント味噌汁+半額のお惣菜など
だいたい1000キロカロリー


間食
メイバランス。1本200キロカロリー
飲むだけで簡単、かつ栄養たっぷりなので、これをマルチビタミン代わりにしています。
ドラッグストアでまとめ買いしています。

これで、約2700キロカロリーとることが出来ました。

1日ほぼ全く料理しなかったとしても、これくらいの食事は出来るんですよ。
まずは、1日3食にするところから始めていきましょう!

ガリガリの人は、食べるだけでは太らない!

私の場合、食べても食べても太ることが出来ませんでした。
太らないのは「体質」のせいだと思っていたんです。

しかし、太れない人でも【100%】太る方法があります。
実際に私は太ることが出来ているので、生き証人です。

私の行った太る方法は「筋肉量を増やす」という方法。

太らない体質の人は、迷わず「筋肉」を増やせ!

食べても太らない人は、「脂肪」を蓄えることが苦手。
そのため食べても太れないタイプは「筋肉量を増やすこと」で太ります。

「筋肉」を増やすことは誰でも可能です。
なぜなら、「筋肉」は使えば使うほど、勝手に増えるから。

例えば、「デスクワークの人」と、「工事現場の人」とでは体格が全然違います。
これは、日々「筋肉」を使っている時間が全然違うからです。

筋肉は使えば使うほど、大きくなります

当たり前じゃん、って思いますよね。
これは、そういう「遺伝子」が私達の身体に組み込まれているからです。
この「当たり前の性質」を利用すれば、【100%】太ります。

あなたが太らないのは「遺伝」のせいではありません。

私の場合は、王道で「筋トレ」を行いました。
具体的な方法について解説していきます。

優先して行う筋トレがある!

「太ること」を目的にした場合、優先して鍛えて欲しい部位があります。

筋肉

その部位は、僧帽筋、大胸筋、三角筋、上腕二頭筋になります。
図でいくと、赤く示した部分になります。
上下バランスを考えるならば、黄色の大腿四頭筋も鍛えると良いでしょう。
どの部位も、「大きい筋肉」と言われているところになります。

大きい筋肉は、他に比べて見た目に変化が出やすく、体重も増えやすい部位になります。

この部位を効率よく鍛える方法は2つ!
「腕立て伏せ」「スクワット」です。

筋トレは1日「10分」だけで良い!

筋トレは、ダラダラと長く行う必要はありません。

「腕立て伏せ」「スクワット」それぞれ3分。
間に休憩も挟んで、合計「10分間」です。
それを、週3回。思った以上に少ないでしょう?

暇つぶしでスマホをいじっている「10分間」があると思います。
この時間を、「太るための時間」にかえましょう。

Youtubeを使って太る!

トレーニング方法として、「YouTube」を活用します!
実際のジムでは、インストラクターの動きに合わせてトレーニングを行うものがあります。
そのYouTubeバージョンと思ってください。

自分の好きなタイミングで行うことができるのがメリット。
私がいつも使っている動画を2つ用意しました。

百聞は一見に如かず。今すぐ行なってみましょう!

!!!注意して欲しいこと!!!
フォームが下手クソでも何でもいいです。

途中で休んでもいいので、とにかく動画の最後までやり通してください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?

腕立て伏せは最初の1分もできなかったかもしれません(笑)
スクワットも、最後のあたりは相当キツかったはず。

でも、可能性を感じませんでしたか?
たった「10分」で、これだけの負荷をかけることが出来るんです。

トレーニングは最低でも3ヵ月続けてください!

実際に私が太るまでの体重をグラフにしたものです。
最も体重が大きく動いたのが「3ヶ月目」です。

最初の頃は筋肉痛などもあって、なかなか伸びない我慢の時期になります。
しかし、見た目では着実に変化は出ていました。

最初の1ヶ月目でも、胸筋が確実についているのが目に見えてわかりました。
実際、周りの人にも気づかれるほど。

今では余裕で一通り行うこともできるようになりました。
かなり筋肉がついてきたと、身をもって実感しています。

イチローの名言で、こういうものがあります。

イチローの名言
夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。
筋トレも、まさに同じです。

継続して続けていくと、1週間前に出来なかったところが出来るようになります。
「3ヵ月間」続けてみてください。
身体に変化が起きないはずがありません。

効率よく太るためのサプリメントを紹介!

筋肉を効率よく太らせるためには、「プロテイン」が必要です。

なぜなら、筋肉を作り出す栄養素は「タンパク質」だから。
(プロテインは日本語でタンパク質という意味です)

ボディメイクで必要なタンパク質の量をご存知ですか?

体重50キロの場合、1日に「100グラム」のタンパク質が必要です。
これは、食品で例えると・・・・

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「HMB PROTEIN 18000」という製品になります。
このプロテインの特徴は「HMB」と呼ばれるサプリが含まれているという点です。
他のプロテインでは、HMBが配合されているものは無いと思います。

「HMB」とは、筋肉をつけやすくする効果があるサプリメント。
国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められていて、今注目されています。

HMBはこんな人にオススメ
運動不足の人
・ガリガリの人
・筋肉量が少ない人
・筋肉がつきにくい女性

パッケージがいかにも男性向けなのですが、むしろ女性に強くオススメしたいです!
(先述しましたが、プロテインに男性向けとかはないんですよ)
本気でデブエットをしたい人は是非チャレンジしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
確実に太る方法は、「筋肉量を増やすこと」しかありません。

「筋肉は使えば増える」という、当たり前の法則を味方にして太ります。
そのためには「筋トレ」という地道な努力をしなければなりません。

決して「飲むだけで太るサプリ」などの、都合の良いものはありません。
甘い情報、曖昧な情報に振り回されないようにしてください。

当サイトでは、薬剤師が「太るためのコツ」を集積しています。
今日から「本気のデブエット」をしてみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。