太るためにはランニングや水泳はダメなの?薬剤師がお答えします。

ガリガリで太りたい場合、運動は必要です。
なぜなら、太るために必要なものは「筋肉」だからです。

よし!じゃあ今日からランニングを開始しよう!

と思ったアナタ。実は、そのやり方ではなかなか太ることはできません。
場合によっては、今以上に痩せてしまう可能性があるのです。

では、どのような運動を行えばよいのでしょうか?
今回は、太るための運動について解説していきます。

「有酸素運動」「無酸素運動」2種類の運動方法がある

運動には大きく二つのタイプがあります。

・有酸素運動
・無酸素運動

ダイエットにしても、太るにしても、ボディメイクをするには「無酸素運動」を選択しなければなりません。
無酸素運動とは、いわゆる「筋トレ」のこと。

ダイエット本などでは有酸素運動がよく紹介されます。例えばランニングや水泳、ヨガは有酸素運動に該当します。
良いイメージのある有酸素運動は、実はボディメイクとしての価値は低いのです。

それぞれ、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

有酸素運動の特徴

有酸素運動にはランニングや水泳、ヨガなどが該当します。
数分~数時間、休まず運動できるものが該当します。

太るための運動として有酸素運動を行うことは適していません

有酸素運動で主に鍛えられるのは、主に「持久力」です。
長時間の運動に耐えられるように肺活量や、心臓のポンプ機能が強化されます。
酸素を過剰に消費しないように身体自身が適応を高めていきます。
マラソン選手は、この適応能力を最大限まで伸ばしていると言えます。

もちろん筋肉を刺激するため、筋肉を大きくする効果もあります。
しかし、長時間運動が出来るということは、筋肉の負担も、さほど大きくないのです。
そのため、太りたいなら1回あたりのトレーニングを長時間かけなければならないのです。

さらに、長時間運動を行うと消費エネルギーがどんどん増えます。
太るための運動なのに、何故か痩せてしまう現象が起こることがあります。
競技時間が特に長いマラソンの選手は、とっても痩せていますよね。

さらに、有酸素運動は鍛えられる筋肉がアンバランスです。
例えばサッカー選手。サッカーばかりしていると足しか鍛えることが出来ません。

実は、サッカー選手は必ずといっていいほど筋トレも並行して行っています。
体当たりがあるサッカーは、フィジカル(肉体)が強くないとたちまち吹き飛ばされてしまいます。
そのために、サッカーとは別に筋トレを行い、上半身を鍛え上げなければならないのです。
足だけ上手でも、一流のサッカー選手にはなれません。

逞しい身体をもっている一流の選手は、果たしてサッカーしかしていないのでしょうか?

有酸素運動の種目を生業としている選手達でさえも、必ず筋トレを行なって不足している筋肉を補っているのです。
太りたい人は、果たして有酸素運動をしている場合でしょうか?

有酸素運動でヨガは爆発的にヒットしたが…

有酸素運動で最近人気なのが、ヨガ
ヨガは瞑想を行い、自分自身と向き合う等を目的とした心身療法です。
身体と精神を安定させ、リラックス効果を得られる。というものがヨガの本来の目的です。
しかし、雑誌などでは、「ヨガはインナーマッスルが鍛えられて痩せられる」というような記載が目立ちます。

ヨガは、控えめに言ってもダイエットやボディメイクには超効率が悪いです。有酸素運動の中でも最悪のレベルです。
なぜなら、ヨガは筋肉を伸ばすだけの動きが多く、大きな負荷がかかっているものは少ないです。

インナーマッスルを鍛えるためには、「もうこれ以上は動けない…限界…」といえるくらいの負荷を、筋肉にかけなければなりません。ヨガでは負荷が足りないのです。

ライザップをイメージすれば、わかりやすいと思います。
ライザップでヨガをやっていますか?
違いますよね。泥臭いほどのストイックな筋トレを行うことで、あのビフォアフターを作り出しているのです。

RIZAP公式ホームページより引用

もちろんヨガを否定しているわけではありません。
ヨガを行う目的はストレス発散やリラックス、そこで広がる交流だったり、人様々です。

目的にあった運動を選択することが大事なのです。

無酸素運動の特徴

無酸素運動とは、酸素を使わずにエネルギーを作り出して行う運動のことです。

筋トレのように、短時間の間に一気にエネルギーを必要とする場合、酸素の供給が間に合いません。
そのため、無酸素による反応で無理矢理エネルギーを作ります。
早くエネルギーを作る必要があるため、この時、「有酸素」に比べて100倍早くエネルギーを作れるといわれています。

無酸素運動には、筋トレ、短距離走、相撲などが該当します。

無酸素運動の特徴は、短時間」の運動でも筋肉を増やしやすい、ということです。
これは、筋肉に大きく負荷をかけるほど、筋肉の成長が早いことを意味します。
ダラダラとランニングするよりも、短時間で一気に負荷をかけるほうが太るためには効率が良いのです。

だから私は、「筋トレ」を強く推奨します。

私の場合、トレーニングは週2回程度です。1回あたりの時間はたった10〜20分しか行いません。
それにも関わらず、筋肉をつけることができて、太ることに成功しました。
そんな夢のような運動が、無酸素運動である筋トレです。

太ることに酸素を使う使わないは関係ない

名前が
・「有」酸素運動
・「無」酸素運動

と区別するため、酸素を使うか使わないかが、太るための結果に影響が出るのか?と思いますが、それは違います。
今までの説明でもわかると思いますが、酸素は全く関係ありません。
酸素を使わないから、太ります。というわけではありません。

太るためには「筋肉に負荷をかけやすい運動を選ぶべき」なのです。
大きな負荷をかけるためには、筋トレが圧倒的に効率的で、たまたまそれが無酸素運動だっただけなのです。

場合によっては有酸素運動もアリ

では、有酸素運動は、太るためには何の役にもたたないのか?
といわれると、そういうわけでもありません。

トレーニングを行う前のウォーミングアップには有酸素運動は有効です。
睡眠の質を向上させるために、寝る前のヨガの瞑想やストレッチも、非常に意味があります。

筋トレのメインになるものとしては、有酸素運動はたしかに不向きです。
しかし、タイミングと目的によっては有酸素運動は非常に有効です。
うまく生活の中で取り入れて習慣化していきましょう。

筋トレ前のウォーミングアップは逆効果だった!?薬剤師がお答えします。

まとめ

いかがでしたか?
運動を行うのは、人によって目的が全く異なります。
好きなスポーツをやっているだけの人もいれば、交流を求めてやっている人もいるでしょう。
大事なのは、目的に合ったことが出来ているかが大事なのです。

太るという目的に限って言えば、無酸素運動を推奨します。
なぜなら…

有酸素運動で得られるものは「持久力」と「部分的な筋力」だけだから。
それに対して無酸素運動は、「全身の筋肉」を「短時間」で増やせるから。

最初は慣れないことをするので辛いかもしれません。
しかし、変化を実感できた時、今まで太れなかった身体に変化が出てきた時は本当にやってよかったと思うはずです。

太ることは意外と簡単なことです。
あなたの努力次第で自由自在に身体をボディメイクすることが出来るのです。

是非今日から太るための準備をしてみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。