朝食を摂らないと損している!?太りたい人が朝食を摂るメリット4つ!薬剤師がお答えします。

皆さんは、しっかりと朝食を摂っていますか?

朝は眠いし、時間はないし、朝食を抜いてしまいがちです。
私もガリガリの頃は、ギリギリまで布団で寝て、起きたら急いで準備して家を出ていました。

しかし、朝食を抜いているような人は、絶対に太ることは出来ません。

今回は朝食の重要性について解説していきたいと思います。
時間がない方向けの朝食アイテムも紹介します!

太るためには、なぜ朝食を摂る必要があるのか?

朝食は、なぜ太るために必要なのか?
4つの理由があります。

・朝食をぬくと、カロリー摂取量が足りなくなる
・朝食をぬくと、インスリンの効果が落ちる
・朝食をぬくと、空腹になりやすく筋肉が分解されてしまう
・朝食をぬくと、タンパク質の量が確保できなくなる

必要な理由1:朝食をぬくと、カロリー摂取量が足りなくなる

太るためには、摂取カロリー>消費カロリー

のバランスで食事を摂らなければなりません。
消費カロリーの方が高い場合は、逆に痩せてしまうということです。

たくさん食べていると自分では思っていても、実は少なかったというケースが多いです。
まずは、あなたが太るために必要なカロリーは、どのくらいかを調べてみましょう。

薬剤師が伝授!知っておくべき「太るための必要カロリー」

目安として、

男性=2500~3000キロカロリー
女性=2000~2500キロカロリー

2500kcalだった場合で考えてみましょう。
1日に、これだけの食材を摂る必要があります。

引用:フードモデルドットコム 2500kcal バランス献立例
http://www.foodmodel.com/category03/m_16_a.html

これだけの食事を、毎日続ける必要があります。
もし、朝食をぬいたら、その分を昼食と夕食にあてなければなりません。

1日2食だと、正直キツいです。

物理的に食べれなくなってしまうので、1日4~5食にしたいほどです。
だからこそ、朝食は絶対に食べるようにしましょう。

私の場合だと、こんな感じの朝食が多いです。

・食パン2枚
・バナナ1本
・ゆで卵1個
・豆乳

結構色合いのバランスも悪い感じですが、こんなもので大丈夫です。
これだけで、約500キロカロリーを補給できます。
ゆで卵さえ前日に用意しておけば、後はパンを焼くだけで簡単。

必要な理由2:朝食をぬくと、インスリンの効果が落ちる

太るためには、「インスリン」が重要です。
インスリンとは、すい臓と呼ばれるところから出るホルモンのことで、「糖を細胞に取り込む作用」があります。
(インスリンの効果が落ちて悪化すると、糖尿病になります)

このインスリンは、筋肉を増やす効果もあります。
実は、
「太る」=「筋肉量を増やすこと」です。
筋肉をつけやすくするためにはインスリンの適度な分泌が必要不可欠なのです。

このインスリンは、朝食をぬいてしまうと「昼食のインスリンが出にくくなってしまう」という研究結果があります。
朝食をぬくと、筋肉量が増えにくい体質になってしまう
、ということです。

必要な理由3:朝食をぬくと、空腹になりやすく筋肉が分解されてしまう

体の「筋肉」と「脂肪」は、エネルギーの貯蔵庫の役割をもっています。
もしも栄養不足になった時は、それらがエネルギーとして分解されて利用されるのです。

例えば、お腹がグーグーなっている時に筋トレをした場合はどうなるでしょうか?
筋トレで使うエネルギーは「筋肉」を分解して得ようとします。

筋肉を増やそうと筋トレしているのに、空腹時の時に行うとむしろ減ってしまう

という本末転倒な状態になってしまうのです。

例えば、朝食をぬくと必ず空腹になります。
なぜなら、食べない時間が約17時間になってしまうこともあるからです。

お腹が空いて当たり前だと思いませんか?
そうなってしまうと、あなたの身体はどんどん痩せてしまいますよ。

必要な理由4:朝食をぬくと、タンパク質の量を確保できなくなる

筋肉を増やすための重要な栄養素である「タンパク質」が必要です。
食事から摂るタンパク質は、1度に吸収できる限界量というものがあります。

サプリメントのプロテインだと1回あたりに摂れる量は20グラム」が限界です。
それ以上飲んだとしても、吸収されず下痢を起こしてしまいます。

食事の場合も同じで、なるべく分割して食べた方がタンパク質の吸収はよくなります。
「1日2食」よりも「1日3食」の方がタンパク質の摂取効率が良いのです。

朝食の習慣がなかった人が簡単に始められる!薬剤師流の朝食!

では、明日から始めましょう!といっても、正直料理する時間は無い…
ご飯を炊いて…とか無理!ってところだと思います。

そこで、調理いらず、簡単で食べれるものを紹介します!

簡単朝食アイテム「メイバランス」

とにかく朝に時間がない!という人向けでオススメなのが「メイバランス」です。
1つのボトルに125mLだけでおにぎり1個分と同じ200キロカロリー!
グイッと飲めば、20秒未満で朝食がとれます!

メイバランスは栄養バランスがとっても優れており、マルチビタミンの代わりにもなります。
というのも、医師が熱傷患者のために作った栄養剤を元に開発されています。
現在でも、医療の現場でメイバランスは使われていることが多く、なかなか食事が摂れない人に対してもオススメできるほど気軽に飲める内容になっています。

間食として使うことも可能です。
家ではもちろんですが、仕事中でも使うことができます!
仕事中は食事は禁止だったとしても、飲料まで禁止している会社は少ないはず。
サッと飲むだけなので、用途が非常に広いのが特徴です!

さらに、味が飽きないようにフレーバーも豊富!

どれを選べば良いかわからない…ってくらい多いです!
好みの味を飲み続けるのも、こまめに味をチェンジするのも貴方次第!

まとめ

いかがでしたか?

太るために朝食を摂ることは、メリットしかありません。
本気で太りたいと思っているなら、明日から朝食をかかさず摂るようにしてみましょう!

朝食を摂るメリット4つ
・なるべく多くカロリーを摂るためには、最低でも1日3食に分けて食べた方が楽
・インスリンの効果を上げて、効率よく筋肉合成力UP!
・こまめに食べることで、筋肉の分解を抑える!
・タンパク質は、こまめに摂ることで吸収量が上がる!

他にもオススメ間食アイテムはあります。

・高カロリー
・低コスト
・短時間で食べれる
・おいしい

・賞味期限が長い
・持ち運び便利

これらの条件を満たした、私が厳選している健康ファーストフードです!(ピスタチオは朝食には向いてないですが^^;)
もしも車通勤なら、車の中でもサクッと食べることが出来ます。是非参考にしてみて下さい!

太りたい人におすすめの間食!薬剤師がお答えします。

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。