ガリガリと言われ続けてきた人生
そんなあなたへ勇気を与えたい

薬剤師である私が惜しみなく紹介します

私はもともと、175cm 54kgのガリガリの男でした。
あばら骨も余裕で見えて、とても貧相。
青春時代なんかは、モテるはずもなく、教室の奥の方にこっそりいるタイプの人間でした。

当時の画像があるのでご覧ください。

 

「骨と皮しかないよね」
「ちゃんと食べた方がいいよ?」

クラス替えをするたびに、必ず言われるセリフでした。
トドメを刺すかのように、鳩胸のオマケつき。

「食べても食べても太れないんだよ!」
「太らない体質だから仕方がないんだよ!」

と、当時の私はそう思っていました。
給食は必ず全て食べるし、好き嫌いもしないし、どちらかといえばよく食べる部類です。

だから自分にとって、太ることは実現不可能で、体質のせいなんだと思っていました。
いいえ、そう思い込んでいました。

あなたはどうですか?

太ろうと決意したきっかけ

世の中の、ほとんどの人が標準体重で、私たちの悩みなど考えたこともなく、
当たり前のように薄手のTシャツ1枚で外出しています。

私は、ガリガリ体格を隠せる服装を着て、ごまかそうとしていました。
薄着の夏シーズンは、暑いのに少し厚手の服を着るため、
本当に地獄でした。

海へ誘われても、貧相な身体を見られるのが嫌で、
何かしらの理由をつけて断っていました。

このコンプレックスを隠そうとしても、結局のところ全く意味は無かったです。

当たり前のことができないことが、私にとって大きなストレス。
普通体型の人達が、羨ましくて仕方ありませんでした。

しかし、この苦境に対して、逆転の発想をしてみたのです。

大半の人達が、当たり前に送る生活を、
手に入れられない方が逆に不自然ではないのか?

この気付きが、変化への第一歩でした。

私は薬剤師です。
薬学、人体の知識をつかって、
自分自身の力で何とか出来ないだろうか?
このガリガリのコンプレックスに、向き合ってみたのです。

そこから、太るための手段を自分なりに探していきました。

簡単に太るためには?の答え探し

太るには、身体に何をつければよいのかと考えました。

そして答えは、とてもシンプル。

脂肪をつけるか
筋肉をつけるか

これしか、太るための方法はありません。

では、どちらをつけるべきか?
これらも詳しく調べてみた結果……

どちらを身に着けるのが簡単か?
をつける方がよっぽど簡単だった

見栄えがよくなるのは?
筋肉をつける方が身体が引き締まり、自信のもてる肉体になる

これでもなお脂肪を蓄えたい!なんて人はいないと思います。

では、筋肉をつけるのはどうすればよいのか?
筋肉をつけるのは簡単といっても、
最低限の努力をする必要があります。

・筋肉トレーニングを必ず取り入れないと絶対に筋肉はつかない。
・筋肉のつく栄養をとらないと、筋肉はつかない。

私は、たくさん食べていたかもしれませんが、運動不足でした。

たくさん食べても、運動しなければ絶対に筋肉がつくことはありません。
運動をしていないから太れないんだ、とその時に気付くことができたのです。

太るための方程式

私は薬剤師なので、なるべく理論的に身体作りをしたいと思いました。

いくつかの筋肉トレーニング、および薬学の本を総合して調べ上げ、
運動や食事のタイミングや、回数、時間などを科学的に考えて行いました。

そして、私が考えた方法とは、とてもシンプル。
2つの約束事を守るだけです。

週2〜3回、10~20分程度のウェイトトレーニング
HMB+プロテインを、運動終わった直後に飲むこと
③活動消費カロリー以上のカロリーを摂取すること

たったこれだけです。
(HMBについては下で説明します)

思い立ったら、すぐに行動!
即、ヨガマットとダンベルを購入しました。
意気込みバッチリ!

行ってみた結果

これを実践した結果の画像が下記になります。

写真だとわかりにくいかもしれませんが、一ヵ月で、りにガタイよくなった?
と、言われるくらい見た目が変化しました!

実際の体重は1キロしか太らなかったのですが、
見た目はかなり筋肉質になってきたのが目に見えてわかりました。

何しても太らないと思っていた自分にとって、
短期で変化がでたことに驚きました!

テンションが上がり、これで止めようと思うどころか、
もっと鍛えたい!!って気持ちになりました。

このステージになったら、あとの結果はグングン伸びていきました。

さらに二カ月同じ要領で鍛え続けた結果、+4kgを達成!

グラフにまとめてみました。

最初の2か月の間は、なかなか数字には反映しませんでした。
普段から運動していないと筋肉痛が辛かったり、

なかなか体重が増えなかったりと、我慢の期間になります。

しかし、最低でも3ヵ月は続けて下さい!

 

そして6か月継続した結果…

 

54kgだったガリガリ男が、65kgまで達成しました!!!
最初に比べると、11kg増量になります。

いかがでしょうか?
最初の写真と比較してみましょう。

継続が結果に結びついたと、本当に実感した瞬間です。
太ろうと決心したら、まずガリガリの写真を撮っておくとよいですよ。
比較してみたときに、心底太って良かったと思えるようになります。

まずは何をするべきか?

全くの初心者が、何かをするためには絶対に知っておいて欲しいことがあります。

それは、
「出来ている人」に、「答え」を聞いてしまう
ということです。実は、学生の頃から無意識に、当たり前のように行っていることです。

例えば、「サッカーが上手になりたい」なら、「サッカーが上手な人に聞けばいい」
「数学が得意になりたい」なら、「数学の先生に聞けばいい」
というように。

あなたが、長年ガリガリで、「太りたい」と思うなら、
「長年ガリガリだったが太った人」に、「太る方法」を聞けばいいのです。

私は、その質問にお答えすることが出来ます。

答えは、「栄養管理」「筋トレ」を行うこと。

「筋トレ」は、今日からすぐに始めることができます。
しかし、栄養面の準備がなければ、せっかくのトレーニングも無駄になってしまいます。

私は、HMB配合のプロテインを使うことで、
効率よく太ることに成功しました。

HMBサプリメントは、ボディビルの人達から一般の方まで使う、
筋肉の成長を促進するサプリメント
です。
(変にムキムキになるドーピングのような作用はないので安心してください)
筋肉を簡単につけるためには、うってつけのサプリメントになります。

男性だけではなく、むしろ女性には特にオススメしたい。
なぜなら、女性の方が「筋肉がつきにくい」からです。
太る方法は、男女一緒です。

ただし、HMBを単独で飲んでも意味はなく、
筋肉の元になるプロテインは必須になります。

私がいつも使用しているプロテインを紹介しているページがあるので、
是非、参考にしてみてください。

行動するなら今!

別にガリガリでも困ることはないから、別にいいや…

と思っている人もいるかもしれません。

しかし、ガリガリで生活するのは絶対に人生損している!!
と、太った今、自信をもって言えます。

私が太った結果、生活にどんな変化があったかというと……

一番大きな恩恵は、圧倒的にモテるようになったことです。(顔はフツメン)

水族館へ行ったときの写真です(笑)
体重が60kg超えてすぐに彼女が出来たのは偶然ではないはず。

他にも・・・・

仕事で全国へ回ったりするような生活をし始めました。
写真のところは長野県諏訪湖ってところです。
東京のゴミゴミした生活から一変、色々なところへ行く機会が本当に増えました。

ガリガリの頃は絶対に行こうとしなかった海にもよく行きます。
スキューバダイビングをしてみたり、色んなことにチャレンジしています。

こんな自分になれたきっかけは、太って自信がついたことに他なりません。

太って得られた恩恵は他にもあります。

ガリガリと悪口を言われなくなった
・風邪をひかなくなった
・服を何でも着こなせるようになった
・疲れにくくなった。体力が上がった
・筋肉がついて姿勢がよくなった
・定期的に運動するようになった
・良い習慣が出来上がった

・未来的にみても、寿命が延びた

そして何よりも…

自分のことが好きになれました。

パッと思いつくだけでも、太るとこれだけの特権を得ることができます。

正直、方法を理解して実践できれば、
太ることははさほど難しくなかった
と私は感じています。

皆さん、太る方法を知らないだけです。
食べても太れない、と自己解決をしている人が大半です。

だから、皆さんには太ることで、
上のような特権を手にして欲しいのです。

若いなら尚更、勿体ないです!

太ってからは、私はスキューバダイビングなども楽しんでいます。
自信のなかったガリガリの頃では、絶対に出来なかったことです。

いつかと言わず、今から太るための行動を始めてみませんか?