消化不良で太れない?胃腸薬を飲めば太る?薬剤師が答えます。

食べても食べても太らない場合、太るためにはどうすればよいのか?
という質問に対し、

これは、腸内環境が悪い状態です。
栄養が十分に吸収されないから、太ることが出来ません!
→だからこの整腸剤(胃腸薬)のサプリメントを飲むと太るよ!

みたいな主張している記事が多く存在しています。
これは正しいのでしょうか?

結論から言うと「NO」です。

正しくは・・・・
太るためには、「筋肉量」を増やす必要があります。

腸内環境を整えると太るのか?ということについて解剖学、栄養学、薬学を交えて解説していきたいと思います。

どの胃腸薬も「太る効果」なんてありません。

「胃腸薬」と一概に言っても、色々と種類があります。

・胃酸を抑える薬
・胃粘膜を保護する薬
・消化酵素薬
・善玉腸内細菌薬
・腸の動きを改善する薬
・漢方薬

基本的に「漢方薬」以外の薬は、太るために飲む意味はないと考えて下さい。
なぜなら、それらの薬で「太る」なんて効果はないし、聞いたこともないからです。

医師の出す薬でさえ、そんな状況です。
ましてや「太るサプリ」なんてあるはずが無いですよね。
絶対にそういった詐欺商品には手を出さないようにしましょう。

場合によっては、漢方薬はアリ

漢方薬は、体質を改善する目的で用います。
例えば、「胃下垂」の人などには効果的である場合があります。

しかし、「漢方薬を飲めば太れる」というわけではありません。
あくまで、補助的なものと考えるべきです。

では、「太る」ためにはどうすればよいのでしょうか?

痩せすぎで太りたい時におすすめの漢方薬を、薬剤師が紹介します。

そもそも「太る」とはどういうことなのか?

そもそも、「太る」とはというのはどういうことなのでしょうか?
その答えとしては・・・・

「筋肉量」を増やすこと です。

というのも、私自身、もともと175センチ54キロの超ガリガリ体質でした。

いくら食べても全く太らない体質で、おまけに「鳩胸」のオマケつき。
あばら骨が余計に目立つので、絶対に人前で服を脱ぐのがイヤでした。

そんな私でしたが、「筋肉量」を増やすことに集中した結果・・・・・

たった半年で11キロの増量に成功!

最短で太る方法は、これしかありません。
残念ながら簡単に太るといった「裏技」は無いんです。

それでも、なるべく簡単に太れる筋トレメニューや食事方法もあるので、是非参考にしてみてください。

太りたい人が優先すべき、筋トレメニュー!薬剤師がお答えします。

効率よく太るためのサプリメントを紹介!

筋肉を効率よく太らせるためには、「プロテイン」が必要です。

なぜなら、筋肉を作り出す栄養素は「タンパク質」だから。
(プロテインは日本語でタンパク質という意味です)

ボディメイクで必要なタンパク質の量をご存知ですか?

体重50キロの場合、1日に「100グラム」のタンパク質が必要です。
これは、食品で例えると・・・・

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

まとめ


いかがだったでしょうか?

胃腸薬で太る、というのはウソです。

「腸活」をして太ろう! という文句は、健康食品お得意の、ただのイメージ戦略で売っているだけです。
「腸活」「整腸作用」という、もっともらしい響きは、女性ウケが良いんです。

しかし、そこは冷静に、科学的根拠に乏しい内容には振り回されないことです。

そして、太るために必要なものは「筋肉量」を増やすことです。
だったら、「プロテイン」を買った方がよっぽど合理的に太ることが出来ますよ。

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。