ガリガリで全く太らないのは何かの病気なの?薬剤師がお答えします。

いくら食べても太らない!誰よりもたくさん食べているのにガリガリのまま…
そんな時、何かの病気なのかな?と思ったことありませんか?
私も薬剤師なので、そういう病気が結構あるんじゃないかな~と思って色々調べてみたものです。
今回は、病気を疑った方がよいかも?と思われるものを紹介します。
もし心当たりがあるようなら、一度病院で検査してもらうのも良いかもしれません。

太らない原因の病気
・胃下垂
・バセドウ病
・過敏性腸症候群
・うつ病
・セリアック病
・ガン

これらの病気について解説していきます。

そして薬剤師として伝えておきたいこともあります。
「病気」だから「ガリガリになる」ではなく、
「ガリガリ」だから「病気になる」という考え方です。

太れないという悩みは、人生を大きく左右するかもしれない病気予備軍です。
正しいデブエット方法を行えば、必ず太ることが出来ます。
全ての方法は開示しているので、本気で太りたいのであれば是非チャレンジしてみてください。

胃下垂

胃下垂とは、胃が正常な位置よりも下に垂れ下がっている状態のことです。
「痩せ型の長身」に多いと言われています。
痩せている人は、胃を支える筋肉と脂肪が足りていないためです。

(長身かどうかは置いといて)俺じゃないか!と思って調べてもらいました。
消化器内科で受診し、後日バリウム検査を行うことになります。
当日の朝食はナシで、絶食状態で病院へ向かいます。
病院で、吐きそうなバリウムを飲み込み、放射線をあてて…

あっという間で「軽度の胃下垂」と診断されたわけです。

ちなみに、「太らないんです」と医師に相談しても、大して意味がありません。
私の場合「よく食べて、生活習慣を正しましょう。胃腸薬出しておきますから」
と言われて終了。

太るための錠剤とかカプセルなんてないですからね…と思いつつ、意味もない整腸剤を飲み干す。
当たり前ですが、整腸剤で太るわけありません。

「太るサプリ」といったものがネットで販売されていますが、それらも整腸剤を謳っていることが多いです。
太るサプリは全て詐欺商品なので、絶対に買わないように注意しましょう。

【太れるのか?】太るサプリはインチキサプリばかり?薬剤師がお答えします。

バセドウ病

好発年齢:20~30歳代が特に多く、次いで40~50歳代 女性に多い
バセドウ病の原因はまだ完全に解明されていません。
ストレスや遺伝などが発症の引き金を作っているのではないかと言われています。

バセドウ病とは、甲状腺が腫れあがる病気です。
甲状腺は新陳代謝を促す臓器で、バセドウ病によって新陳代謝が以上に亢進してしまうのです。
その結果、エネルギーが垂れ流し状態になり、痩せてしまうのが特徴です。

「見た目」でも判断できることもあります。
甲状腺は首の近くにあり、バセドウ病になると喉仏が出ている?と思えるほどに腫れることがあります。
また、目が大きく突出することもバセドウ病の特徴です。
動悸やイライラを併発することも多く、早めの治療が望まれます。

バセドウ病チェックリスト
首元が腫れている
目が大きくなった感じがする
食欲はあって食べるのに体重が減る
動悸がする
・疲れやすくなった
・寝汗、日中も汗をかきやすい
・血圧が高め
・イライラしやすい
・寝付けない
・便の回数が増えた(あるいは下痢)
・月経不順
・20歳~30歳代くらいの女性

これらの症状が、複数当てはまる場合は、もしかしたらバセドウ病の可能性があります。
特に、上の3つはバセドウ病で特有の症状になります。

バセドウ病は、食事や運動でコントロール出来るものではありません。
バセドウ病の治療は主に薬物療法になります。場合によっては、摘出の外科手術を行う場合もあります。
また、妊娠の有無などで治療薬が変わったりするので、女性の方はそのあたりも申告しておきましょう。

検査を行うには、内分泌を専門にしている内科へ受診すると良いでしょう。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群は、主に仕事等でストレスを感じやすい若年層~中年層で好発します。
腸の状態は全く問題がないにもかかわらず、下痢便秘症状を慢性的に繰り返す病気になります。

知り合いにもこの病気の人がいるのですが、やっぱり痩せていました。
電車に乗った時に腹痛がくると本当に大変みたいで、途中下車してトイレに行って…といった感じのようです。
ストレスがかかると症状が出やすいのですが、この人の場合は職場の上司がストレスの原因。
退職したら、びっくりするくらい改善していました。少し太ってもいました。

男性は下痢症状
女性は便秘症状
が生じやすいと言われており、どちらにせよストレスを感じた時に腹痛とセットで症状が出ることが多いです。

過敏性腸症候群チェックリスト
・下痢や便秘が多い、繰り返す
・ストレスを感じやすい
・真面目な性格である
・うつ気味
・若年者
・腹痛や、腹部不快感がある
・緊張すると症状が悪化する
・吐き気などが出る
・ゲップが多い
・放屁が多い
・不規則な生活

ストレスと大きく密接な病気です。
緊張した時に腹痛を起こしやすい場合は、もしかしたら過敏性腸症候群かもしれません。
血便などの症状はないので、血が混じっている場合は、別の病気の疑いがあります。
気になったら消化器内科、あるいは心療内科に受診してみると良いでしょう。

うつ病

ストレスの多い現代社会では、風邪と同じくらい当たり前で発症するのがうつ病です。
女性なら5人に1人男性なら10人に1人ほどは一度は発症すると言われています。

うつ病になると様々なことに対するやる気がなくなるため、その一つに食欲不振があります。
この結果、痩せてしまうわけですが、この場合は病院で治療を受けることが良いでしょう。

ひと昔前の抗うつ薬は、口が渇いたり、日中の眠気がひどく出たりなど、副作用が多かったこともありました。
しかし、今の抗不安薬は非常に優れていて、副作用も昔に比べるとだいぶ少なくなっています。

むしろ、抗うつ剤の中には「食欲をあげて太る」という副作用をもつ薬があります。
医師の治療方針にもよりますが、副作用を逆手に飲んでいた患者もいるくらいです。

最初は心療内科へ行くことに、躊躇するかもしれません。
しかし恥ずかしいとか思う必要は全くありませんし、心配不要です。
内容としてはカウンセリングなどが主になるので、伝えたいことをメモしておくと良いでしょう。

注意して欲しいのが、完全予約制のところが多いということです。
予め受診する前に電話で確認しておく必要があります。

セリアック病

セリアック病とは、小麦などに含まれるグルテンというタンパク質と腸内でアレルギー反応を起こす病気。
腸から栄養が十分に吸収されなくなってしまい、結果的に痩せてしまうというわけです。

白人に比較的多く、アジア圏では非常に稀な病気とされてきました。
しかし欧米食が日常化した現代で、発症率が上がっているというような研究も出ているといいます。
発症割合としては、欧米で約1%。
アジア圏では、さらにそれよりも少ないとされていますが、具体的な数字の報告は出ていません。

かなりレアな疾患なので、日本ではセリアック病か調べる検査キットを持っている医療機関が非常に少ないです。
この病気は、「下痢が長期間続く」ので、そういった症状がなければ問題ないでしょう。

治療法は、グルテンフリーの食事を摂ることです。
「和食中心」の食事を行うことで、グルテンを回避することが出来ます。
加工食品には、隠れ小麦製品が多く存在しているので注意する必要があります。

【セリアック病】グルテンのせい太れない?薬剤師がお答えします!

ガン

ガンの人は、一気にガリガリになるイメージありませんか?
がん細胞は、周りの正常な細胞の栄養を全て奪って成長します。
時間の経過と共に異常に増殖をし続け、どんどんエネルギーが不足していきます。
さらに、抗がん剤の副作用も合わさって、一気に痩せていくのがガンの痩せ方の特徴です。

このページを見ている方は恐らくガンではないと思われますが、
ここで考えて欲しいのは、あなたがもしも今、ガンになったら?ということです。
ガリガリの状態のままでガンになったらどうなるのでしょうか?

芸能ニュース 知ットク情報より

タレント、俳優、脚本家として活躍した今井雅之さんをご存知ですか?
精力的に仕事をしていた方でしたが、最後は大腸ガンで亡くなりました。
この方は、ガンになってから体重が20kg痩せた、と言っています。
元気だった頃を知っていると、ギャップを感じずにはいられませんでした。

ガンになればいずれ死ぬと言われたらそれまでかもしれません。
しかし、太ることで防げるガンもあります。
ガリガリの人は抵抗力がないため、あらゆる病気になりやすいとされているのです。

ガリガリの人は早死にするという事実

私は病気に関して伝えておきたいことがあります。
「病気」だから「ガリガリになる」ではなく、
「ガリガリ」だから「病気になる」という考え方を伝えたいと思います。

予防研究グループ 肥満指数(BMI)と死亡リスク https://epi.ncc.go.jp/can_prev/evaluation/2830.html

このグラフは、単刀直入に「ガリガリの人は早く死ぬ」というデータです。
まだ現実味がないと思いますが、ガリガリの人は確実に不利な立場にあることを忘れないようにしてください。

どうすれば太れるのか?

食べても太れない人もいると思いますが、そんな人でも太れる方法があります。
それは「筋肉量を増やすこと」です。

もともと私も175センチ54キロの超ガリガリ。
医師の診断では「胃下垂」と言われました。
周りよりもたくさん食べているのも関わらず10年以上この体型のままで一切太りませんでした。

そんな私ですが「筋肉量を増やすこと」を意識した結果・・・・

たった半年で11キロの増量に成功!
こういった経験があるため、正しいデブエット方法なら必ず太れる確信があります。
筋肉量を増やすためには「プロテイン」が必須です。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

 

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。