ガリガリのコンプレックスとどう向き合っていくか。薬剤師がお答えします。

ガリガリで生きていると、控えめに言って「人生ハードモード」です。

よくあるデメリットであるのは「ガリガリだけどもっと太ったら?」といった心無い一言。
私も、もともとは175センチ54キロの超ガリガリ男だったので、よくそんなことは言われてきました。

私の場合、おまけに「鳩胸」まであったので、余計にあばら骨が目立ちました。
こんなヒョロガリだと、こんな心無い一言をよく言われるわけです。

ご飯食べてる?
もっと太った方がいいよ
すぐ折れそうな腕だね
アンガー〇ズみたい
骸骨だね(骨と皮しかないね)
気持ち悪っ!!

・・・・・・・ひ、ひどい(;ω;)
うるせえ!!知ってるよ!!
れないんだよ!!!

と心の中でそう思いながら、話を流していました(笑)

「太れないんだよ!」というと、人によっては嫌味になるから言えないんですよね。
表立って「デブ」とは言いにくいけど、「ガリ」は平気でいえる。
この風潮は何なんだと、何度も何度も思いました。

今回は、こんなガリガリコンプレックスを脱却するための方法を紹介します。

ガリガリを隠す人生ではなく、デブエットを成功させる

たいていの人は、太れないのは仕方ないと考えているケースが多いです。
私の場合も、10年ほどガリガリ体重を維持し続けてきたので、もはや太る事は半ば諦めていました。

しかし、正しい方法でデブエットすれば誰でも100%太る事ができます!
というのも、私が実践した太り方で大きな成果を出すことができたからです。

たった半年で11キロの増量に成功!!
私の太る方法なら、誰でも確実に太れるという確信があります。

ガリガリのコンプレックスは、服装などでカバーしようと考える人も多いと思います。
しかし、それはあくまでその場しのぎでしかありません。

せっかくなら、デブエットを成功させてコンプレックスを解消しませんか?

「太る」とは、「筋肉量」を増やすこと

そもそも「太る」とはどういうことなのでしょうか?
基本的に食べても太れない体質の人は「脂肪」を蓄えるのが苦手です。

そのため、ガリガリの人は「筋肉量を増やすこと」で太ることを目指しましょう。
筋肉量は、筋肉に負荷をかけなければ絶対に増えません。
例えば、デスクワークの人と、工事現場の人とで比べてみましょう。

圧倒的に筋肉を使っているのは工事現場の人達ですよね。
そういった人たちは、デスクワークをしている人に比べて体格が大きい場合が多いです。
学生でいえば、「文化部」と「運動部」の人達と比べてばわかりやすいですよね。

筋肉を使えば勝手に大きくなる
という、ごく当たり前の法則を利用して太るのがコツになります。

私の場合、食べる量はそこそこあったかもしれませんが、大した運動も行っていませんでした。
実際、周りにいるガリガリの人達も、たいてい何も運動していない人がほとんどですよね。

効率よく「筋肉量」を増やすためには「筋トレ」しかありません。
食べる量だけ増やしているだけでは、いつまで経っても太る事はできないんです。

対処法
・太るとは「筋肉量を増やすこと」
・筋肉量を増やすには、筋トレが効率的!

ガリガリで太れない人必見!「太る」とはどういうことなのか?薬剤師がお答えします。

痩せ型の人は、鍛えたらすぐに見た目に出やすい!逆にチャンスである!

実は、ガリガリの人が筋トレを行うと超メリットがあります。
メリットどころか、大チャンスです!

なぜなら、ガリガリの人は身体が薄い分、鍛えたらすぐに見た目が変わるからです
目安として、たった「1カ月」で見た目に変化が出ます!

これが経過の写真です。
最初は
腕立て伏せ
をメインに行った感じです。

男性の場合だったら、身体が一回り大きく見せることが出来ます。
女性の場合だったら、バストアップが期待できます。
老若男女、損しないことはありません。

筋トレの習慣がない人にとって、最初の頃のトレーニングはかなりキツいです。
何しろ、ガリガリの人は基本的に筋肉が全然ないからです。

でも安心してください。継続していくと勝手に身体が追い付いてきます。
私の場合、3ヵ月目から体重が一気に駆け上がるように増えましたから。

最初は膝をつけながら腕立て伏せ、浅めでスクワット。負担を軽めから始めます。
そして、徐々に身体を慣らしていくのです。

体験的に、一番モテる体型の細マッチョになることも、割と簡単にできます。
女性だったら、モデル体型を目指すことができます。

一ヵ月頑張るだけで、少しでも自信がつく身体になれるなら、やってみる価値はあるのではないでしょうか?

太った後にしたいことをイメージするだけで継続しやすくなる

太った後に、やってみたいことを決めましょう。
モチベーションを維持するためには、「成功したときのイメージ」を持ち続けることが非常に大事です。

太る前に、書いた目標メモです。汚い字ですが許してください(笑)
服のサイズが1ランク上がったので、ほとんどすべての服が着れなくなったことだけがデメリットですorz

目標、なりたい自分、太ったらやってみたいこと。
書いていてウキウキするような内容を書いてみましょう。

私の場合、デブエット後には書いたことのほとんどが達成されています。

太ったらすぐに彼女は出来たし・・・・

全国で仕事を始めたりする活力も生まれたし・・・・・

絶対に裸になるような海には行きたくなった私が、スキューバダイビングを体験したり・・・・

思い起こしてみれば、このリストに書かれたことがたくさんありました。
この作業は面倒くさいと思うかもしれませんが、文字に書き起こした方が具体的。
モチベーションが下がった時、果たして何のために太ろうと思っていたのか?

忘れかけていた内容を、改めて思い起こすことができます。
そして気付いたら、少しずつ現実になっている事実に気付くと思いますよ。

デブエット継続するために
太ったらやりたいことをリスト化しよう

まとめ

いかがでしたか?
ガリガリといわれて気持ちが落ち込む…食べても太らない、そういう体質なんだ。

という考えるのは、今すぐにやめましょう。

ガリガリコンプレックス解消の秘訣
・努力次第で太れるという事実
・ボディメイクに関して、ガリガリは有利な立場にある
・太った後のことを具体的にイメージして頑張り続ける

プラスのメンタルを持つことが、あなたの人生を大きく変えてくれます。

そして、太る方法は全て惜しむことなくこのホームページで公開しています。
わからないことがあったら、是非問い合わせフォームから質問してくださいね。
是非、太ることで人生を変えましょう!

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。