【効果100倍!】太るための栄養知識を薬剤師が教えます。

あなたは太るための栄養学知識を持っていますか?
ほとんどのボディメイクの情報は、「痩せる」ことばかり注視されています。
そのため、太るための正しい情報を探すのは難しいです。

そんな人達のために、今回は「太るために必要な栄養の知識」を大公開します!
実際に、私もこの知識を元に太ることに成功しました。是非参考にしてください!

正しい知識さえ入れば、短期間で太ることが出来る!

まず、太るためには正しい知識が必要です。
間違った知識のままデブエットを開始すると、こういう行動をとります。

「とにかくたくさん食べる!」
「太るサプリを使ってみる」
「腸内環境を整える」

しかし、この方法では、ほぼ100%失敗します。
特に悪質なのが「太るサプリ」です。
それっぽい理由をつけて販売していますが、全て詐欺レベルの商品なので絶対に買わないようにしましょう。
正しい太る方法を理解できれば、こういったウソ情報に騙されずに済みます。

正しい太る方法「筋肉量を増やすこと」です。
実際に私は、この方法で太る事に成功しています。

もともと私は175センチ54キロの、超ガリガリ体質でした。
おまけに鳩胸なので、あばら骨がすごく目立つ体型でコンプレックスをずっと持っていました。

食べても食べても太らない体質で、半分諦め気味でした。
しかし、正しい方法でデブエットをした結果・・・・・・

たった半年で11キロの増量に成功!

私は薬剤師なので、根拠ある方法しか紹介しません。
だからこそ、自信をもってこの太る方法をお伝えできます!

食事はしっかりとらないと太れるわけがない

まず大前提として、食事を十分に摂らなければ、太れるはずがありません。
いくら筋トレをしようと、プロテインを摂ろうとしても全く意味がなくなってしまいます。

それにも関わらず、どのくらい食べれば良いのか?を把握している人はすごく少ないです。
だいたいの目安として・・・・

男性:2500~3000キロカロリー
女性:2000~2500キロカロリー

引用:フードモデルドットコム 2500kcal バランス献立例
http://www.foodmodel.com/category03/m_16_a.html

食事に例えると、2500キロカロリーは↑くらいです。

自己申告の「よく食べているんだけど」っていうのは案外アテになりません。
客観的な事実を持って、自分はどのくらい食べれていたんだろう?と確認することが大事です。
具体的な内容は、下記ページを参考にしてください。

薬剤師が伝授!知っておくべき「太るための必要カロリー」

ビタミンやミネラルは必要なのか?

ビタミンやミネラルはエネルギーを持っていない栄養素ですが、デブエットでは必要な栄養素です。

ビタミン、ミネラルは、身体が維持するための潤滑剤みたいなもの。
例えば、ビタミンB2、B6が足りないと皮膚の新陳代謝が滞り、肌が荒れたりすることがあります。

ちなみに、これはほとんどの人が誤解しているのですが・・・・

ビタミンミネラルが豊富なのは、野菜じゃなくて「肉類」です。

これは専門家も含めて、認識が間違っている人が大半。
野菜=ビタミン、ミネラル というのはあまりに安易な考え方なんです。

なので、デブエットをする人は肉類は積極的にとりましょう。

野菜類に多いのは、食物繊維やカロテノイドなどの抗酸化物質。
ビタミンの中でも、ビタミンCだけは野菜類に多いことだけ覚えておきましょう。

実際の私の1日の食事はだいたい2700キロカロリー


朝食=食パン2枚+豆乳+バナナ+ゆで卵
だいたい500キロカロリー


昼食
カップラーメン+パン+サラダ類
ピーナッツコッペだけで500キロカロリー超えている(笑)
だいたい1000キロカロリー


夕食
ご飯1合+インスタント味噌汁+半額のお惣菜など
だいたい1000キロカロリー


間食
メイバランス。1本200キロカロリー
飲むだけで簡単、かつ栄養たっぷりなので、これをマルチビタミン代わりにしています。
ドラッグストアでまとめ買いしています。

これで、約2700キロカロリーとることが出来ました。

1日ほぼ全く料理しなかったとしても、これくらいの食事は出来るんですよ。
まずは、1日3食にするところから始めていきましょう!

筋肉量を増やすためにはタンパク質を多く食べる!

筋肉を効率よく太らせるためには、「プロテイン」が必要です。

なぜなら、筋肉を作り出す栄養素は「タンパク質」だから。
(プロテインは日本語でタンパク質という意味です)

ボディメイクで必要なタンパク質の量をご存知ですか?

体重50キロの場合、1日に「100グラム」のタンパク質が必要です。
これは、食品で例えると・・・・

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

私が実際に使ったサプリメント!

筋肉を増やすためには「プロテイン」をうまく使いこなす必要があります。

売り場へ行ってみるとわかりますが、プロテインは種類が非常に多いです。
正直、何を買ってよいのか全く判断がつかない方も多いと思います。

そんな方向けに、私が実際に使用したプロテインを紹介します。

私が実際に太った時に使ったプロテインを紹介!

私が実際に使っていたプロテインは「ビルドメイク24」という製品になります。
このプロテインの特徴は「HMB」と呼ばれるサプリが含まれているという点です。
他のプロテインでは、HMBが配合されているものは無いと思います。

「HMB」とは、筋肉をつけやすくする効果があるサプリメント。
国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められていて、今注目されています。

HMBはこんな人にオススメ
運動不足の人
・ガリガリの人
・筋肉量が少ない人
・筋肉がつきにくい女性

パッケージがいかにも男性向けなのですが、むしろ女性に強くオススメしたいです!
(先述しましたが、プロテインに男性向けとかはないんですよ)
是非参考にしてみてください!

運動しないと、タンパク質が無駄になってしまう

せっかく摂ったタンパク質も、運動を行わないとただの脂肪に早変わりしてしまいます。
筋肉は使わないと増えない特徴があるので、必ず「筋トレ」を行うようにしてください。

逆に言えば、筋肉は使えば必ず増えることを意味します。

「デスクワーク」の人と、「工事現場」の人とでは、体格差がありますよね。
これは単純に、筋肉を使っている時間の差です。
「文化部」よりも「運動部」の方が体格が良いのも、同じ理屈。

筋肉は使うことで、必ず大きくなる
この当たり前の法則を味方につけることで、誰でも100%太ることができます。

太りたい人が優先すべき、筋トレメニュー!薬剤師がお答えします。

まとめ

いかがでしたか?
太るための栄養知識で押さえておきたいポイントは5つ。

デブエット栄養知識のポイント
・太ること=筋肉量を増やすこと
・食べる量がどのくらいか把握する(目安2500キロカロリー)
・ビタミンミネラルも摂らないとダメ
・タンパク質も十分にとらないと筋肉量は増えない
・プロテインが無いと、デブエットは難しい

・筋トレしないとタンパク質は無駄になってしまう

この知識さえ押えておけばOKです。
考えがブレないように、必ず正しい知識をインプットしておきましょう!

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。