ガリガリだとモテない!男性の【理想のモテる体型、BMI】とは?薬剤師がお答えします。

こんにちはKeitaです。

突然ですが、【男性のモテる体型】をご存知ですか?
↓↓↓ネットに出ていた順位はこちら↓↓↓

引用:モテる男性ランキング
https://news.livedoor.com/article/detail/10083086/

1位は【細マッチョ】

2位を大きく引き離しての大勝利です。
圧倒的にモテるのは【細マッチョ】という事実。
昨今の女性はジャニーズ系のような細身が好まれるところもあり、
ゴリマッチョよりは細マッチョの方がモテるということなんでしょうね。

体重にすると、だいたいこのくらい。

では、一方で私はどんな体型だったかというと・・・・・

174センチ54キロの超ガリガリ体質・・・・
順位を見て頂くと、ガリガリは【第7位】で最もモテない体型です。

第7位:ガリガリ %(5人)って何だよ!(笑)

でも結果はその通り、もちろんモテるはずもなく、自分に自信があるわけでもなく。
おまけに「鳩胸」なので骨が余計に目立つような感じでした。

食べても食べても太らず、10年間ずーっとこの体型だったので、
太る事自体、正直諦めていたところもありました。

そんな私でしたが、発起してデブエットに挑戦した結果・・・・・

たった半年後に11キロの増量に成功!

太っただけで、私の人生は大きく変わりました。
その体験談やデブエット方法も交えて、シェアしていきます!

ガリガリ脱却したら、私の人生だいぶ変わった話

太ってから、まさかこんなにリア充な人生になるとも思っていませんでした。

体型は、人生の幸せ度に正比例する

って、つくづく思うようになりました。
これは、見た目に自信がついたからに他ならないと思っています。

彼女がすぐに出来ました。
ヒョロヒョロしていた頃なんかは、男性として見られていないことも多かったと思います。
今では筋肉質になり、いわゆる細マッチョになれたのは大きかったと思っています。

仕事も、ずっと東京でくすぶっていました。
しかし、今では全国を回って生き生きと活動していくようになりました。
写真の画像は長野の諏訪湖、富山の環水公園ってトコロです。
メチャクチャ綺麗な場所でした。来れて本当に良かったと思います。

ガリガリだった頃は、海とかに絶対に行きたくありませんでした。
しかしスキューバダイビングを楽しんだりできるほどになりました!

「見た目」が変わると、「自信」がつきます。
「自信」がつくと、「行動」が変わります。
「行動」が変わると、「人生」が変わります。

実際、私の場合はそうでした。
私が強く言いたいことは・・・

人生は「見た目」で大きく左右される、という事実です。

「人は見た目が9割」という話

「人は見た目が9割」という本をご存知ですか?
この本は 2005年に100万部を売り上げ、ベストセラーとなりました。

この題名には「メラビアンの法則」というものを根拠にして、見た目で9割だと言っています。

人は、最初に出会った時の第一印象のほとんどが、見た目に当たる「視覚情報」から得られている、というものです。

①視覚情報(Visual) 55%・・・顔立ち、体格、服装、髪型、しぐさ、表情
②聴覚情報(Vocal) 38%・・・話し方、声のトーン、声の大きさ
③言語情報(Verbal) 7%・・・話している内容、言葉そのものの意味

具体的に示すと、このような内容になります。
この中で、見た目に該当するものが「視覚情報」「聴覚情報」にあたるため、約90%が見た目で決まる、というわけです。

「9割」という根拠は微妙なところですが、「見た目」の重要性は理解できるのではないでしょうか?

実力が同じなら「容姿」で決められてしまう

「外見」はプライベートのみならず、「就活」「仕事」でも悪影響を与えます。

例えば、採用面接。
もし同じ実力の2人を選ぶことになるなら、迷わず「容姿」で決められるでしょう。
太ってたら鈍臭そう。ガリガリなら頼りなさそう。
シュッとしていて、どこか頼り甲斐のある格好の人が選ばれるのは当然のことですよね。

営業成績においても、やはり容姿はかなり重要。
やっぱり見た目が良い人のお願いなら、何故か通ってしまうのは、何となくわかる気がします。

ガリガリな体型は【恋愛】においても【仕事】においても
【不利】であることは間違いありません。 

それでも、悲観する必要は全くありません。
むしろ、チャンスでもあります。

ガリガリは「細マッチョ」になりやすい体型!

ガリガリの人は、実はチャンスです。
というのも、ガリガリの人は【細マッチョ】に近い体型だからです。

マッチョになるためには、脂肪を減らしていかないといけません。
しかし、ガリガリの人は生まれながらにして体脂肪率が低いという特徴があります。

私の場合、1カ月くらい鍛えただけで体脂肪率が8パーセントになってしまうほどです。
体脂肪率1桁というのは、いわゆるムキムキな人達が超頑張って目指しているレベルです(笑)

見た目の経過は、こんな感じです。
だいたい真ん中の頃が、体脂肪率8パーセントです。
この頃、腹筋は一切していなかったのですが、それでも割れ目が見えてしまうほどなんですね。

ガリガリの人は筋肉が目立ちやすく、細マッチョになりやすいのです。

モテる体型から程遠いと思いきや、実はチャンス体型なんです!

細マッチョの体型は、だいたいBMI=22前後の体型になります。

目安の一覧表はコチラ。
今の身長を元にして、目標体重はどのくらいか把握しましょう。

「筋肉量」を増やすことだけ考えて行動する!

では、具体的にどのようにすれば細マッチョになるのでしょうか?
その答えは、「筋肉量」を増やすことです。

筋肉量をどんどん増やしていくと、勝手に細マッチョ化してきます。
具体的に行って欲しいことは、次の通り。

筋肉量を増やすリスト
・約2500キロカロリー以上を毎日摂る
・筋トレを週3回、10分行う
・最低でも3か月間は続ける
・プロテインを活用して最速で成果を出す!

たったこれだけです。
順番に解説していきましょう。

約2500キロカロリー以上を毎日摂る

大前提として、食事はたくさんとらないと絶対に太りません。
どんなに小手先なテクニックを使ったとしても、意味がなくなってしまいます。

目安として、
男性=2500~3000キロカロリー 以上必要です。

引用:フードモデルドットコム 2500kcal バランス献立例
http://www.foodmodel.com/category03/m_16_a.html

2500キロカロリーの食事は、だいたい上記の写真です。
毎日、これだけ食べなければ太る事は絶対にありえないでしょう。

必要カロリーについての詳細は、下記のページにて解説しています。

薬剤師が伝授!知っておくべき「太るための必要カロリー」

筋トレを週3回、10分間行う

「筋肉量」を増やすためには、筋トレが必須になります。
しかし、やみくもに筋トレを行ったとしてもなかなか成果が出にくいです。

薬剤師の私が考える、最短で成果が出る鍛える部位は、
僧帽筋、大胸筋、三角筋、上腕二頭筋になります。
図でいくと、赤く示した部分になります。

筋肉

基本的に、顔に近い筋肉を集中的に鍛えることです。
これらは「大きい筋肉」に分類され、筋肉がついてきた時に目立ちやすくなるのが特徴です。
ガリガリだと、Tシャツを着ると貧相に見えますよね。これは、胸板、肩幅を大きくすると解消できます。

上下バランスを考えるならば、黄色の大腿四頭筋も鍛えると良いでしょう。

腹筋や背筋は、実は後回しです。
腹筋は「小さい筋肉」に分類されていて、努力の割に効果が出ないので後回しにしてOKです。

「10分間」で鍛える方法は、下記ページにて紹介!

太りたい人が優先すべき、筋トレメニュー!薬剤師がお答えします。

最低でも3か月間は続けること

どのくらいで成果が出るのか?
ということを理解しておかないと、途中で挫折してしまいます。

結論から言うと最低でも「3ヵ月」は継続するようにしてください。

私の体重の推移です。
最も大きな変化が出たのが、3か月以降からです。

筋トレの上達具合と、見た目の変化には、ある程度の時間のインターバルが存在します。
そのため、数字としての伸び率としては悪く、軌道に乗ってくるのは3ヵ月目くらいになります。

「継続」することが、最も難しいことです。

イチロー選手の名言の一つに、こういうものがあります。

イチローの名言

夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで

いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。
筋トレも、まさに同じです。

継続して続けていくと、1週間前に出来なかったところが出来るようになります。
これを3ヵ月間、続けてみてください。
身体に変化が起きないはずがありません。

プロテインを活用して最速で成果を出す!

筋肉を効率よく太らせるためには、「プロテイン」が必要です。

なぜなら、筋肉を作り出す栄養素は「タンパク質」だから。
(プロテインは日本語でタンパク質という意味です)

ボディメイクで必要なタンパク質の量をご存知ですか?

体重50キロの場合、1日に「100グラム」のタンパク質が必要です。
これは、食品で例えると・・・・

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

私が実際に使ったサプリメント!

私が太る時に実際に使っていたサプリメントは「ビルドメイク 24」と呼ばれるプロテインになります。
このプロテインの特徴は、「HMB」と呼ばれるサプリも一緒に配合されていること!

聞き馴染みないかもしれませんが、実は「HMB」はドラッグストアで普通に売られています。

「HMB」は、筋肉をつけやすくする効果があるサプリメント。
国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められていて、今注目されています。

「運動不足の人」
「ガリガリの人」
「筋肉量が少ない人」
「筋肉がつきにくい女性」

に対して、特にオススメできます。
「コスパ」も高く、「東証一部上場企業」の信頼できる製品を探したら、このプロテインに行き着きました。

そして、半年で11キロ増量に成功!
「確信」もって太ることができました。

薬剤師が選んだプロテイン「ビルドメイク24」の詳細は、別ページにて紹介しています。
「本気で太りたい」と願うなら、是非参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?
最もモテる体型は、「細マッチョ」

今までは、重ね着をするなどして体型を隠す生活をしていませんでしたか?
そんな日々は、今日で卒業して欲しい。

もしもガリガリで悩んでいるのであれば、チャンスです。
太るまでの過程は大変ですが、なるべく効率よく太るテクニックはあります。

ほんの「数カ月の努力」で、一気に人生を巻き返せる可能性があります!

デブエット、今日から一緒にやってみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。