薬剤師が解説!太るサプリ「プッチェ」は本当に太れるのか?

太るサプリとして有名な「プッチェ」

実際のところ、使ったら本当に太るのか?というところが気になるところだと思います。
薬剤師の私が、今回成分について解析します!

先に結論から申し上げます。

「プッチェでは、太らないと考えられる」

という結果になりました。何故このような内容になったかを解説していきたいと思います。

そもそも「太る」ってどういうことなのか?

まず最初に、「太る」ってどういうことなのか?

このことについてお話します。
太るって、「体重」が増やせれれば良いんですよね。

人間は、内臓、骨、筋肉、脂肪…あらゆる組成をもとに生きています。
この体重あたりの内訳を詳しく見ていきましょう。

全体重の半分以上が、「筋肉」と「脂肪」で占められています。
成人になると、骨や内臓に大きな成長はありません。
なので、もし増やせるとしたら「筋肉」か「脂肪」だけです。

というわけで、成人が「太る」とはどういうことかというと…
「筋肉」あるいは「脂肪」を増やす ということです。

例えば、「中年太り」は、「脂肪が蓄積されて太った」ということ。
脂肪をつけて太ると、みっともない見た目になります。あらゆる病気も引き寄せます。

そんなこともあって、私は「筋肉を増やして太る」ことを推奨しています。

私の場合、たった半年で11キロの増量に成功しています!
「筋肉」を増やした方が、「最短」で太ることが出来ます!

ガリガリで太れない人必見!「太る」とはどういうことなのか?薬剤師がお答えします。

「飲むだけで太る医薬品」は存在しない!ましてや健康食品はあるはずがない

もしも、「飲むだけで太る薬」があったのなら、やせ細った「ガン患者」や、「拒食症」の人に使わせてあげたいと、切に願います。
しかし残念ながら、今のところそのような医薬品は存在しません。

製薬会社は、1つの医薬品を作るために「100~300億円」の開発費を投じて作ると言われています。
こんな大金を扱う世界中の製薬企業が、「飲むだけで太る医薬品」を作れずにいるのが現状なのです。

では、上場すらしていない健康食品の会社が、「太るためのサプリメントがあります!」と言ったらどうでしょうか?
私だったら「ウソ」だろうな、と思います。プッチェは果たしてどうでしょうか?

プッチェの成分について、薬剤師が解説!

プッチェの成分は、12種類含まれています。

・中鎖脂肪酸
食用植物油
卵黄油
・マルトデキストリン
乳製品乳酸菌飲料(殺菌)
・水飴
・乳化剤
・pH調整剤
・増粘剤(キサンタンガム)
・甘味料
・香料
・精製水

1包あたり「16.5グラム」
上位3つの油は、製品全体の「6割」を占めている。
(↑成分以上に、実は「量」の情報の方が重要です。後で解説します)

赤色は、プッチェの主成分にあたるもの。
青色は、製品の安定化させる添加物です。

今回は、赤色の「主成分」について解説をしていきたいと思います。

中鎖脂肪酸

中鎖脂肪酸とは、「脂質」の一種です。
脂肪酸は、短鎖中鎖長鎖の3種類に分けられます。

中鎖脂肪酸は、脂肪を「蓄積しにくい」性質があります。

つまり、中鎖脂肪酸は、「ダイエット」に向いている脂質になります。


トクホ(特定保健用食品)として販売されているのもあるくらいです。

太るサプリメントに、わざわざ入れるものかな?
と、私は思いました。

食用植物油

これは、いわゆるサラダ油やキャノーラ油と呼ばれるもの。

「牛脂」などの動物性油脂に比べて、コレステロールや中性脂肪を「増やしにくい」特徴があります。

食用植物油は、「脂肪を蓄えにくい」のです。

そもそも、日本人が最も使っている油です。
高い金を払って、あえてプッチェから摂取する必要があるか?と言われると・・・・ないような気もします。

そもそも、脂肪を蓄えにくい油ですし、量も大して入っていません。太る効果はかなり低いと考えて良いでしょう。

卵黄油

卵黄油は江戸時代の頃の民間療法として使われていた歴史があるようです。
作り方は、卵の黄身を黒くなるくらい、ひたすらフライパンに熱し続け、その時に出てきた黒いエキスのことを言います。

引用先:卵湯の話 作り方

成分としてはビタミンEや、レシチンなどが含まれています。
効果を一言で言うと、「抗酸化作用」があります。

脂質の部分は、火を通して炭になっているものが多く、カロリーはほとんど含んでいないと考えられます。
太るために必要か?といわれると、無いかなあ…。

マルトデキストリン

マルトデキストリンとは、糖がたくさんくっついた物質です。
「粉飴」とも呼ばれます。
甘さは砂糖の「約10分の1」と言われており、甘さはかなり控えめの糖質になります。

カロリーは、一般の糖質と同じ、1グラムあたり4キロカロリーあります。
太るためにマルトデキストリンを使うのは効果的です。

しかし、大事なことは、使う「量」です。
プッチェはマルトデキストリンの量が多くとも、たった6.5グラム。
最大でも「26キロカロリー」しかないということになります。
これは、おにぎり1個の、約10分の1しかないことを意味します。

私はマルトデキストリンを使用する時、だいたい「30グラム」ほど使います。エネルギーにして、120キロカロリー。
プロテインと一緒に混ぜて使うので、筋トレで消耗したエネルギーの補填という目的です。

公式サイトには、「高GI」などと説明があります。
しかし、果たしてそこが重要でしょうか?私はむしろ「量」の方が大事だと考えます。

乳製品乳酸菌飲料(殺菌)

乳製品乳酸菌飲料とは、牛乳を発酵させて作った飲料のこと。
「カルピス」や「ヤクルト」が該当します。

え?せっかく発酵して出てきた乳酸菌を「殺菌」したら意味なくないですか?

と聞こえてきそうですが、意味はあります。
「死菌」も、それが善玉菌のエサになったり、常温保存が可能になったりと、色々とメリットもあるのです。

効果としては、「整腸剤」のような役割を持ちます。
しかし、実際のところ「整腸剤」で太ることはありません。
なぜなら、医薬品でも整腸剤は存在しますが、そういった効果はないからです。ましてや健康食品なら言わずもがな、です。

痩せている人が、消化吸収が悪いのは、私は「胃下垂」が原因だと考えています。
「胃下垂」とは言葉通り、胃が下の方に垂れ下がった状態のこと。

痩せている人は、胃を支える「筋肉」が非常に少ないです。
そのため、胃が垂れ下がり食べ物が下へ滞留して消化しにくくなります。
消化がうまくできないと吸収も滞る、というわけです。

胃下垂になりがちなタイプは、
「長身」
「痩せ型」
「食べても太らない」
こんな人です。

基本的に、薬などで治すことは不可能です。
筋トレなどによって「筋肉量」を増やすことが、胃下垂を改善する唯一の方法です。
そのためには、「プロテイン」を使うことが効果的です。
プロテインも後ほど紹介します。

製品紹介について、ツッコミどころがたくさんある

プッチェ公式サイトの解説には、ツッコミ所が多すぎるのですが、一部抜粋して紹介します。

高GIのマルトデキストリンは栄養吸収を助ける?

引用先:プッチェ公式サイトより

マルトデキストリンは、高GI成分。
高GI成分は、栄養吸収をサポートとあります。

薬剤師からすると、「????」です(笑)
マルトデキストリンは、ただの糖質です。吸収を改善する効果は、少なくともありません。

GI値が高い食品は、たしかに低いものと比べて太りやすい。そこは理解できます。
ただし、GIが低い食品と、「同じ量」「同じスピード」で食べたら、の話です。
血糖値の上昇は、その人の食べる「量」「スピード」「噛む回数」などによって大きく左右されます。

そもそも……

プッチェのマルトデキストリンは、高GIどうこうの前に「量」が少なすぎです。
ゆえに、意味が全くないと私は考えます。

プッチェは、1包あたり「16.5グラム」でした。
その60%が油とのこと。

仮に残り40%にマルトデキストリンが入っていたとしても、たった約6,5グラム。
エネルギにして「26キロカロリー」しかありません。
おにぎりの「約10分の1」です。
血糖値上げる効果なんて、たかが知れていると思いませんか?

マルトデキストリンは、たしかに太る効果はあります。
それは、単純にカロリーがあるから。
決して、「血糖値を上げて吸収を上げる」というものではありません。

「食前」に飲んだところで、全く意味がありません。

脂肪にかわりやすい中鎖脂肪酸??

引用先:プッチェ公式サイトより

プッチェは、中鎖脂肪酸を「脂肪を蓄えやすいもの」としています。本当でしょうか?

前述した通り、中鎖脂肪酸は、「トクホ」として認可されています。
日清オイリオからも、同じく「中鎖脂肪酸」の含まれた製品が売られています。
そのパッケージには、次のような記載があります。

引用先:日清オイリオ ヘルシーリセッタ商品ページより

「中鎖脂肪酸は、体に脂肪がつきにくいのが特徴です。」

…とあります。
どうですか?言っている真逆ですよね?
トクホは、厚生労働省が許可を出さなければならないものです。

「太るサプリ」に入れる内容ではありませんよね。

「180日全額返金保証」の注意事項!

180日全額返金保証とは、このサプリに強い自信があるんですね!
と、一瞬思ってしまいますよね。残念ながら、

効果がでなかったら返金します。という内容ではありません!

万が一食べていて体調がすぐれなくなった

そんな時だけの保証です。ご注意下さい。

プッチェだけで太った、というホームページが見つからない

インターネットのあらゆるサイトを見てみましたが、「プッチェだけで太った」という人は見つかりませんでした。

だいたいの場合が、文字だけだったり、露骨なアフィリエイトサイトだったり。
商品の写真だけつけて、実際のところ太ったの?どうなったの?というところばかり。

だから、サプリメントを探す時に、たいていの人は「迷います」
正しい情報を取捨選択する能力が必要になります。

ランキングサイトに騙されるな!

サプリメントをインターネットで探す時、必ずと言っていいほど出てくるのが「ランキングサイト」
私もそのあたりはチェックしているのですが、基本的に全部胡散臭い商品なので手を出してはダメです。

しかし、信じてもよいかも?と考えても良い情報があります。
それは、そのホームページの人が「実際に購入した写真」「太った事実の写真」を載せている場合です。
買っているということは、実際に愛用していると考えることが出来ますし、試しているからこそリアルなランキングが作れるのです。

それらが載っていないものは全部「ウソ情報」だと考えて下さい。
適当にランキングをつけて、紹介料の高いものを上位に上げているだけ。
そこからクリックして購入しないようにしてください。
何の役にもたっていない情報を載せている人に、その製品の紹介料が入ってしまいますよ。

インチキサプリばかり?太るサプリについて薬剤師がお答えします。

薬剤師流!太るために必要なアイテムとは?

私は「筋肉」を増やして太ることが最も簡単だと考えています。
断じて、飲むだけで太るサプリメントは存在しません。

私の場合は、「筋トレ」「プロテイン」「HMB」
この3種類を取り入れることで、太ることに成功しました。

実際、10年間変わらなかった体重が、たった半年で11キロ増量に成功しました。
今まで悩んでいた時間は何だったんだろう?と思うくらいでした。

効率よく太るために、プロテインの種類も厳選して決めました。
「HMB」が配合されたプロテインです。HMBとは、筋肉を増やす起爆剤のようなものと思ってください。
HMBは、今注目されているサプリメントで、国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められています。

運動不足の痩せている人に対して、特に効果が出やすいといわれています。
男女問わず、太り方は同じです。実際に太ったプロテインは下記で紹介しているので参考にしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

薬剤師が考えうる限り、プッチェで太る要素はないという結果になりました。
そもそも、「飲むだけで太るサプリメント」は、この世に存在しません。

「願望」に近い気持ちで買うサプリメントは、ほぼ無意味です。
「水素水」なんかは、典型的な例です。
水素水に、抗酸化作用なんて存在しません。ただの「願望」で飲んでいるだけ。

巷には、本当に詐欺のような健康食品がごまんと存在します。
専門家が見たら、目も当てられないほど酷い内容です。

「◯◯するだけで」
「芸能人が使っている」
「雑誌に紹介されている」
「モンドセレクション受賞」

こういった甘いワードが、消費者を惑わせます。
しかし、必要な情報を取捨選択できれば、騙されにくくなります。

例えば「成分」も大事ですが、「配合量」も同じくらい大事、といったように。
少なくとも、「配合量」すら隠されている製品は買うべきではありません。
「事実」を元に、サプリメントを選ぶクセをつけることが大事です。

当サイトは、「私が実際に太った事実」および、「薬学」「栄養学」に基づいて作っています。
もし、「本気で太りたい」なら、是非とも参考にしてみてください。

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。