太りたい人におすすめの間食!薬剤師がお答えします。

太るための間食をしていますか?

太るためには、摂取カロリーを増やす必要があります。
3度の飯はもちろん大事ですが、間食は非常に重要です

間食をしないと、途中でお腹が空いてくることがあると思います。
そんな時に何かを食べない場合、身体は筋肉を分解してエネルギーを補給しようとします。
すると筋肉量が減る→痩せる といったことになってしまいます。
太るためには、身体の筋肉を増やすことが最も重要ですが、減らさないための工夫もしなければなりません。

朝ご飯を抜く行為は、太るという意味では最悪です。約12時間以上、何も食べないことになるのでお腹が空きます。
その結果、筋肉が減るので痩せます。
せっかく筋トレをして増やしても、その分減らしているのでは全く意味がありません。

さらにいうと、高エネルギーの脂肪を蓄えようとする体質に変化していき、代謝も落ちます。
絶対に朝食は摂るようにしましょう。

しかしながら、毎日間食を続けるのは難しかったり、そもそも朝食を抜いてしまったり…
なかなか思い通りにいかないのが実際のところではないでしょうか?

私の場合、間食をとる習慣が全くなかったので、何を食べようか、非常に悩んだ経験があります。
そんな時に私が間食で食べていたものを大公開しようと思います!

・高カロリー
・低コスト
・短時間で食べれる
・おいしい

・賞味期限が長い
・持ち運び便利

この6つが揃っていれば、間食もかなり捗るのではないでしょうか?

どんなに時間がなくても、5分は時間がとれると思います。
そんな時に、サッと栄養を補給するようにしてください。

味は個人によって好みがあるため、自分に合ったものを選択してみて下さい。

間食のチカラ

間食を侮るなかれ。
例えばチョコクッキー(47kcal)を毎日1枚だけ食べたとします。
これを1年間続けていくと…

47kcal×365日=17155kcal

牛丼(770kcal)で例えると、なんと約22杯

脂肪を1gあたり9kcalで単純計算すると…
約2キロの脂肪のエネルギーを摂ったことになります!

間食の継続は大きな力になります。

カロリーメイト(大塚製薬)

カロリーメイトは言わずもがな、代表的な栄養バランス食です。
1本あたり100kcalです。1箱に4本入っているので、400kcal摂ることができます。

私が最もオススメしていて、超愛用品です。箱買いしています。
カロリーメイトを超オススメする理由を紹介します!

味が5種類もあるので飽きにくい

味はなんと5種類あります!
ゼリーや缶タイプも含めると11種類!

チーズ味
フルーツ味
チョコレート味
メープル味
プレーン味

大塚製薬 カロリーメイト公式サイトより引用

私がいつも愛用していた味がフルーツ味とチョコレート味で、ルーティーン化させて食べていました。
もしも5種類の味全て食べれるのであれば、かなり飽きにくく継続して食べれるといえるでしょう。

さらにいうと缶タイプゼリータイプも販売されており、好みに合わせて剤形まで変えることが出来るのです!

缶タイプは、カフェオレ味、コーヒー味、ココア味コーンスープ味
ゼリータイプは、アップル味ライム&グレープフルーツ味

が存在し、11種類の味を楽しむことができます!

製薬メーカーが手掛ける製品なので栄養面も安心!

カロリーメイトを製造販売しているメーカーは、大塚製薬です。
製薬業界の中ではかなり有名で、数々の優れた医薬品を開発している会社です。

例えば、栄養剤の「ラコール」「イノラス」「オーツカMV注」などが医療用の栄養剤として用いられています。
ラコールは私も飲んだことがありますが、甘すぎず味も調整されていて流石といった印象です。
他にも、経口補水液のOS-1は有名ですよね。

そんな会社の技術をもってして出来ている栄養バランス食です。
栄養面は完璧な上で、カロリーを補給できます。

経済的に安価

例えば、菓子パンを買ったとしたら、1つで100~200円前後です。
菓子パンは栄養はかなり偏っていて、味もクセがあるので飽きやすいです。
確かに高カロリー 低価格ではあるのですが、薬剤師としてはオススメできません。

それに比べてカロリーメイトは11種類ものバリエーションであり、ビタミン含めて栄養が豊富です。
それでいて価格は150~200円です。ドラッグストアによってはセールで100円くらいになっていることもあります!
しかもカロリーメイトは「マルチビタミンのサプリメント」の代替品になります。

カロリー補充+マルチビタミンサプリメントが150~200円!

そう考えると、超安価だと思いませんか?

ドラッグストアへ行くと、プライベートブランドの製品やカロリーメイトもどきも売っています。
しかし、どこぞの知れないメーカーが販売している製品は、表記通りのビタミンが入っていない可能性があります。
一般にビタミンは熱に弱く、熱で加工する時に壊れてしまうことがあるからです。
粗悪な製品ほどそういった傾向があるため、栄養価が低いです。

そういう意味で、信頼できる製薬会社の製品である「カロリーメイト」を私はオススメします。
amazonだと箱買いすれば送料無料で届けてくれるので、私はいつも通販でお願いしています。

メイバランス(明治)

明治から販売されているメイバランスも、おすすめの製品になります。
このメイバランスは元々、医師が熱傷患者のために作った栄養剤を元に開発されています。
この時は明治のブルガリアヨーグルトとハチミツを混ぜたものを使って、高カロリー食を作っていたのです。
現在でも、医療の現場でメイバランスは使われていることが多く、なかなか食事が摂れない人に対してもオススメできるほど気軽に飲める内容になっています。

今のメイバランスはその時以上に改良されており、味はミルクテイストなら6種類
他にもヨーグルトテイストで4種類、アイスクリームタイプなど、幅広く展開しています。

特徴としては125mLしか入っていないのに200kcal補給できるというところ。
コップ1杯程度なので、10秒くらいで一気飲みが可能!それだけでご飯1杯分を補充できます。

メイバランスも介護食などで使われることが多く、高齢者の方から若い方まで、広い層で使われています。
ドラッグストアにも普通に陳列しています。
カロリーメイトやウィダーの近くに置いてあることが多いです!
一度味を試してみて、好みの味があったら、それを箱買いするとオトクです!

粉飴

粉飴は、マルトデキストリンと呼ばれる糖質のことです。
砂糖に比べると甘さは1/10で飲みやすく、料理に混ぜて飲むと効率的です。砂糖よりも多めに入れることができるので摂取カロリーを上げることができます。
味が濃いコーヒーやプロテインと一緒に飲むと、味の違和感を感じることなく飲むことができます。
無意識にカロリーを増やすことが出来るのが最大の特徴になります。

アスリート専用粉飴ホームページ 引用

さらに、100円あたりで545kcalのコストパフォーマンスなので、価格に関しては文句なしです。

筋トレを行う上で、エネルギーの補給に粉飴は必須です。
粉飴のオススメの使い方は、別ページで紹介しているので参考にしてください。

なるべく食生活を変えずに太る方法を、薬剤師がお答えします。

ピスタチオ

おつまみ系でオススメなのが、ピスタチオです。
ピスタチオは、ナッツの女王と呼ばれています。
その所以は、非常に豊富な栄養価。

ピスタチオは、脂質を多く含むゆえに高カロリーです。
しかし、動物性の脂質ではなく植物性脂質なので、血液をサラサラにする効果があります。
抗酸化作用があるので、肌には良いです。食べ過ぎると皮脂が詰まるといいますが、植物性の脂質は室温で液体です。
オリーブ油や、サラダ油が液体で、ラード(動物性)が固体であるのと同じ理屈です。
つまり、抗酸化作用のある脂質なので、ニキビなどは起きにくく、むしろ改善させます。

よく、ニキビの元になるという話がありますが、あれは「味付けされた」ナッツに含まれる他の脂質が悪さをしているだけです。
無添加の素焼きピスタチオであれば、さほど心配しなくても大丈夫です。

さらに、カリウムやミネラルも豊富に含まれているため、高血圧の予防にもなります。
食物繊維も含まれており、整腸作用もあります。

素焼きで、塩分フリーのものは、殻を割るだけで食べることができます。
ピスタチオは、カルディなどの他、スーパーなどで普通に売られています。
スーパーだと、おつまみコーナーにあることが多いです。ナッツ類と一緒に置かれています。

素焼きなら、殻を割って中味の緑色の部分を食べます。
スキマが小さい場合は剥きにくいですが、別の剥いた殻をスキマに入れてテコの原理で開けると簡単です!

アマゾンで注文すると、単価あたりでいくとスーパーより圧倒的にオトクです。

まとめ

いかがでしたか?

カロリーが高い食品でいえば、ラーメンや菓子パンなど、色々な選択肢が出てきます。
しかし、私は栄養価の高い食品で健康的に太って欲しいと切に願っています。

今回紹介した食品は、
・高カロリー
・低コスト
・短時間で食べれる
・おいしい

・賞味期限が長い
・持ち運び便利

この条件を十分に満たしているものだと確信しています。
間食を摂る習慣がない人にとっては、最初は大変かもしれません。

しかし、本当に太りたいのであればすぐに購入して、明日から間食生活を初めてみませんか?

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。