太るサプリメントはどう選べば良いのか?薬剤師がお答えします。

太るために最も効率的なサプリメントは何になるかご存知ですか?

太るということは「筋肉を増やすこと」です。
食べても太らない体質の人は、これ以外に方法はありません。

ガリガリで太れない人必見!「太る」とはどういうことなのか?薬剤師がお答えします。

つまり、太るために必要なサプリメントは、「筋肉がつきやすくなる」サプリメントを選ぶ必要があります。
消化不良を謳う「整腸剤」や「胃腸薬」みたいなものは大して意味がありません

薬剤師の私が推奨するサプリメントは、2つあります。
・プロテイン
・HMB
(お金があったらクレアチンもOK)

この2つを揃えて筋トレを行うことで、最も効果的に太ることができます。
私も実際に、この2つのサプリメントを用いて太ることに成功しました。

雑誌やインターネットでは、太るためのサプリメントが市販されています。
ボディメイクの分野は胡散臭い商品が非常に多い分野になるため、騙されないようにするための方法も薬剤師の目線から解説していきたいと思います。

大前提として

まず、どのサプリメントを使用するにしても最大の効果を得るためには、十分なカロリーを摂っている必要があります。

あくまでサプリメントは栄養「補助」食品に該当するため、医薬品ではありません。これを飲めば太る、といった薬のような効果は全くありませんので、誤解しないようにしてください。

栄養の関係については、別のページで紹介しているので参考にしてください。

【効果100倍!】太るための栄養知識を薬剤師が教えます。

太るためのサプリメントを紹介

プロテイン

プロテインは日本語でタンパク質のことです。
筋肉を増やすためには必ずタンパク質を摂る必要があります。

プロテインはサプリメントなのか?という話からですが、れっきとしたサプリメントです。
サプリメント=栄養補助食品 です。
タンパク質の摂取を補助するためなので、サプリメントに該当するのです。
食事から十分なタンパク質がとれるのであればプロテインは必要ありません。

しかし、毎日十分なタンパク質を摂れている人はあまりいません。

厚生労働省で調査した日本人のタンパク質摂取量は、全ての年齢において年々減少傾向にあります。
推奨量は男性60g 女性50gほどが目安になります。

しかし、太りたい人達にとっては、さらに過酷な量を摂る必要があります。

太るために必要なタンパク質は、体重kgあたり2gと言われています。
これは、体重50kgの人の場合は100gに相当します。
太るためには、かなりのタンパク質量が必要だということがわかると思います。

タンパク質100gを、食べ物で摂る場合・・・

卵→16個分

納豆→14パック分

肉類の中で最も高タンパク質の鶏肉のささみ10本分

いかがでしょうか?
毎日この量を摂ることが出来るでしょうか?
実践するとなると、かなり難しいと言わざるを得ません。

高タンパク食といわれる鶏のささみですら、これだけの量が必要になってくるのです。
これらを購入するにしても経済的負担も大きくかかります。

そのように考えた時に、サプリメントの粉プロテインは必須だと私は考えています。
水に溶かすだけで気軽に摂取できますし、経済的にもお得なのです。

HMB


HMBとは、3-ヒドロキシイソ吉草酸(3-Hydroxy 3-MethylButyrate)の略名です。
ロイシンと呼ばれるアミノ酸が身体の中で代謝されて出来る物質がHMBになります。

国際スポーツ栄養学会(ISSN)で、安全性、機能性、合理性が認められているため、根拠があるサプリメントです。
日本最大のサプリメント辞典でも、HMBは「筋肉づくりと体力増強」として記載されています。

HMBは、筋肉合成を促進させ、筋肉の分解を抑制します。
筋トレ初心者には特に効果が出るといわれており、ガリガリでこれから太るためにトレーニングを始めるという人にとっては絶対に使用してほしいサプリメントになります。

そんなHMBサプリメントが色々なメーカーで販売されていますが、その中にはインチキ商品が多数存在します。

薬剤師の私は、サプリメントや健康食品を購入する上で必ず確認するポイントがあります。
このポイントをおさえることで、胡散臭い商品を買わずにすみます。
HMBサプリメントも例外ではありません。
絶対に確認してほしいポイントの詳細は別ページで紹介しているので必ず確認してください。

【ガリガリ卒業】太るためのイチオシのサプリはHMB!薬剤師が解説します!

使ってはならないサプリメント

太ると謳っているサプリメントで、正直役にたたない製品が数多く存在します。
その典型的な例として、「整腸剤タイプ」です。

整腸剤タイプ

栄養の吸収率がどうこうの内容で太らない→腸内環境を整えましょう、という類のものです。

・酵素タイプ
・漢方タイプ
・乳酸菌
その他 様々ありますが…
結論から申し上げると、太る効果はほぼ皆無です。

消化不良で太れない?胃腸薬を飲めば太る?薬剤師が答えます。

太らないのは腸内環境が原因?栄養吸収が悪いせいなの?薬剤師がお答えします!

他の太るためのサプリメントの紹介ページ備考欄のようなところに「適度な運動をしてください」といった旨の注意書きが書かれていることが多くあります。
これは運動をして筋肉をつけなければ太らないよ、といっているようなものです。
筋肉をつけるためには、タンパク質が必須です。それでいて、タンパク質の量が具体的に書かれていなかったりします。
どのくらいの量が入っているのか、問い合わせフォームで聞いてみても、音沙汰無しだったり…

太るためには整腸剤ではなく、プロテインやHMBを使用する方がよっぽど太る理屈に合っていると思いませんか?

「芸能人が宣伝」「雑誌に掲載されました」という類のもの

サプリメントは、効果がどうこうよりも視覚的による宣伝が効果的だと言われています。
元々見た目が美しい、カッコイイ芸能人がこれがオススメ!といったら、これを使ったら私もこんな風になれるかな?と何故か思ってしまうのです。

わかりやすいのが化粧品の宣伝です。
新発売の化粧品なのに、あたかも芸能人がこれを使ったおかげで肌ツルン!
と言わんばかりの宣伝をします。
新発売なんだから、誰かが使っている実績があるわけではないのです。しかし、視覚的な効果で何となく効くかも?と思わせてしまうのです。
その対価として、化粧品会社は芸能人に多額の宣伝費を支払います。そして、それを消費者から回収します。

サプリメントも一緒です。芸能人がオススメ!といってきたら一度立ち止まって考えてください。

仕事のために宣伝しているだけではないのか?
当の本人はこのサプリメント使っていないんじゃないか?

このように考えることができれば、変なサプリをつかまされてカモられる可能性はぐっと減ります。

芸能人は知名度はありますが、あくまでボディメイクという点では素人です。
そういった素人の口コミレベルで根拠もない内容ではなく、理論に沿って太ること考えるようにしましょう。

「素人である芸能人が紹介している」よりも「医学誌に載った」のような、ある程度根拠あるところに掲載された方がよっぽど価値があります。

「飲むだけで太る」と書かれているサプリ

これは薬剤師の立場として断言します。
絶対にそんなサプリメントは存在しません。

なぜなら、そんな秘薬のようなものがあるなら、医療の現場で大活躍しているはずだからです。
今や足腰が弱って、ガリガリで困っている病気の人はごまんといます。
飲むだけで太るようなものがあるのであれば、使わせてあげたいです。

実際はそんなものは存在せず、病気でガリガリの人は頑張ってご飯の量を増やしたり点滴を増やしたりしているのです。

RIZAP公式ホームページより引用

ライザップのCMでは、一瞬で美体型に変身しているシーンがあります。
ああ、あんな姿になれればいいなあと、恐らく皆さんは思うのではないでしょうか?

しかし、その裏では絶え間ない食事制限と、限界を超える筋トレがあります。
それを乗り越えたから、あの身体があるのです。

体型を変えるということは、必ずどこかで大きなエネルギーが必要なのです。
「サプリを飲むだけで太る」ことを願っている人に、太れるチャンスは絶対に来ないでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

サプリメントはうまく利用することができれば、非常に効率よく太ることができます。
しかし、大した根拠もなく売られている胡散臭い製品が非常に多いです。
芸能人をつかったり、雑誌に載せてみたり、あの手この手を使って売ろうとします。
しかし、肝心のサプリメントの性能について根拠に基づいていますか?

太ること=「筋肉を増やすこと」

でしたよね。
この大原則を忘れなければ、プロテインは絶対に必要だということは分かると思います。
さらに、そのプロテインの効果を増強させるサプリメントのHMBを使用することは、非常に有用です。

間違っても、整腸剤みたいなサプリメントは選ばないようにしてください。

私が実際に太ったサプリメントも、このプロテインとHMBを混合させたものでした。
薬剤師の私は、サプリメントや健康食品を購入する上で必ず確認するポイントがあります。
私は、これらの条件を全て満たした製品しか買わないと決めています。

私が実際に愛用しているプロテインは、何を理由にして使用しているのか?というところを紹介しているページがあるので、是非参考にしてください。

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。