太るための筋トレは、ジムと家トレ、どっちが効率的?薬剤師がお答えします。

太るためには、食事の他に「筋トレ」が欠かせません。
なぜなら、太るためには「筋肉量」を増やなければならないからです。
すると、こんな質問をされることが多いです。

「デブエットするなら、ジムへ通った方がよいですか?」

たしかに、ジムへ行くとマシンがたくさんあるし、鍛える部位も無限大ですよね。
お金を払う以上、頑張らなければ、という気持ちも働き長続きする可能性もあります。

しかし、結局のところ「継続」できるかが全て。
ジムへ行くかどうかは、「あなた次第。どちらでもOK」です。
メリット、デメリットがあるので、それに合わせてもらえれば良いのかなと思います。

ちなみに私は、ジムへ行かずにデブエット成功しています。
そのため、家トレでのデブエット方法のノウハウは蓄積しています。

今回は、なぜ私は家トレで行ったのか?
どのように筋トレを行ったのか?

そんなところを解説していこうと思います。

「太る」とは「筋肉量」を増やすこと

そもそも、太るとはどういうことなのでしょうか。
太るとは「筋肉量を増やすこと」です。
デブエット成功の秘訣は、ジムへ行く、行かない、というのは関係ありません。

・限界まで筋トレができるか
・家でもサボらずに続けられるか
経済面は問題ないか(ジムは月8000円前後)
・ジムへ行くほど時間的に余裕があるか

・ジム経験者と一緒に行くことが出来るか

こんなところを、自分自身に照らし合わせてみて、行くか決めればよい思います。

ガリガリで太れない人必見!「太る」とはどういうことなのか?薬剤師がお答えします。

私がジムへ行かなかった理由

私がジムへ行かなかった理由は、とってもシンプルです。
デブエット成功するまで「継続」する自信があったからです。

実は、私は友達に誘われてジムへ行ったこともある経験者です。
だからこそ、ジムの良さも分かっているつもりです。

豊富なマシンがあり、やる気が出る環境なのは間違いありません。
周りにいる人達も本気でやっているので、それに引っ張られていたところもあります。

しかし、月10000円、往復30分の時間がもったいないと思ったことも事実。

結局、ちゃんと続ければ良いんでしょ?
と思ったので、私は家トレに切り替えました。

そして早速ヨガマットとダンベル購入。

家トレにする場合、フローリングだと筋トレ時にとっても痛いです。
そのため、ヨガマットは絶対にあった方が良いです。
男性だったら大き目サイズでないと、身体全体が入らないことが多いので注意してください。

私が使っているのは、「Gruper ヨガマット 185*80mm」です。
男性スッポリ入り、価格もリーズナブルなのでオススメです。
ちなみにダンベルも買ったのですが、結局あまり使いませんでした・・・笑

広げると大き目サイズですが、クルクルにして立てておけば邪魔になりません。
だいたい直径ipad miniくらいになります。

家トレではYoutubeを活用して筋トレを継続!

家トレで最大のデメリットは、モチベーション低下です。
強制ではないので、ついつい自分に甘えが出てしまうんですよね。

「このくらいで今日はいっか」
「今日は仕事で忙しかったし、早めに休もう」

それっぽい理由をつけて、サボるクセがついてしまったらデブエットは失敗に終わってしまいます。
私はそうならないように「Youtube」を使って家トレを行う工夫をしました。

Youtubeを使って継続する方法!

筋トレは、ダラダラと長く行う必要はありません。
Youtubeの「3分動画」を2つ行うだけです。

「腕立て伏せ」「スクワット」それぞれ3分。
間に休憩も挟んで、合計「10分間」です。

インストラクターに合わせて筋トレを行うので、型が決まっています。
百聞は一見に如かず。今すぐ行なってみましょう!

!!!注意して欲しいこと!!!
フォームが下手クソでも何でもいいです。

途中で休んでもいいので、とにかく動画の最後までやり通してください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?

腕立て伏せは最初の1分もできなかったかもしれません(笑)
スクワットも、最後のあたりは相当キツかったはず。
たった「10分」で、これだけの負荷をかけることが出来るんです。

ジムへ行く時間があるくらいなら、すぐに動画を見て行った方が楽!
と私は考えて継続しました。

トレーニングは最低でも3ヵ月続けてください!

実際に私が太るまでの体重をグラフにしたものです。
最も体重が大きく動いたのが「3ヶ月目」です。

最初の頃は筋肉痛などもあって、なかなか伸びない我慢の時期になります。
しかし、見た目では着実に変化は出ていました。

最初の1ヶ月目でも、胸筋が確実についているのが目に見えてわかりました。
実際、周りの人にも気づかれるほど。

今では余裕で一通り行うこともできるようになりました。
かなり筋肉がついてきたと、身をもって実感しています。

イチローの名言で、こういうものがあります。

イチローの名言
夢を掴むことというのは一気には出来ません。
小さなことを積み重ねることで
いつの日か信じられないような力を
出せるようになっていきます。

これは、あらゆることの真理をついた言葉だと私は思っています。
筋トレも、まさに同じです。

継続して続けていくと、1週間前に出来なかったところが出来るようになります。
「3ヵ月間」続けてみてください。
身体に変化が起きないはずがありません。

point

効率よく太るためのサプリメントを紹介!

筋肉を効率よく太らせるためには、「プロテイン」が必要です。

なぜなら、筋肉を作り出す栄養素は「タンパク質」だから。
(プロテインは日本語でタンパク質という意味です)

ボディメイクで必要なタンパク質の量をご存知ですか?

体重50キロの場合、1日に「100グラム」のタンパク質が必要です。
これは、食品で例えると・・・・

いかがですか?
これを毎日続けるのは、正直難しいですよね。

プロテインを使えば、1回あたり「20グラム」補給することができます。
だからこそ、「プロテイン」をうまく使う必要があります。

プロテインはドラッグストアやスポーツショップで売っています。
売り場へ行ってみるとわかりますが、プロテインは種類が非常に多いのです。
正直、何を買ってよいのか全く判断がつかない方も多いと思います。

そんな方向けに、私が実際に使用したプロテインを紹介するので参考にしてみてください。

私が使っているプロテインを紹介!

私が実際に使っているプロテインは「マイプロテイン」というメーカーの製品です。
このプロテインの特徴は何といっても飽きないフレーバーの多さと圧倒的な安さです!
ヨーロッパで売上No1の売り上げをもつ信頼できるプロテインです!

私はいつも増量用プロテインの「ウエイトゲイナー」を購入しています。
1杯あたりのカロリーは何と、驚異の388キロカロリー!
おにぎりの2個分のカロリーを簡単に摂取できます。味も甘さ控えめで飲みやすいです。

まとめ

いかがでしたか?
ジムか、家トレにするかは、設備や環境の違いというよりも、
「継続」して続けられるかを自身で判断して決めると良いでしょう。

家トレのメリット
・経済的にオトク
・移動する必要がない
・好きなタイミングで出来る
・忙しい人に向いている
ジムトレのメリット
・お金を払うことで、継続しやすくなる
・周りの人達を見て努力できる
・色々な部位を鍛えらえれる

自身を見つめてみて、律することが出来るかをよく考えて判断しましょう!

point

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

現役薬剤師。太る知識は、日本一の薬剤師だと自負しています! 現在は、全国あちこちで活動中。 10年以上ガリガリだった自分が、今では通常体型まで太りました。 どのようにしたら健康的に太ることができるのか? 科学的根拠と、自分の経験、知識を元に発信していきます。